ドアが解錠できない、エンジンが始動できない!「スマートキーの電池がなくなった」時の対処法

ドアが解錠できない、エンジンが始動できない!「スマートキーの電池がなくなった」時の対処法

微弱電波を常に出しているため電池切れも早い

 クルマの「キー」と言っても、いわゆるカギではなくて、車両と電波でやり取りをする「スマートキー」が主流だ。キーシリンダーに挿してエンジンを始動するアナログな「メカニカルキー」は、もはや商用車の一部に残っている程度と言ってもいい。スマートキー (電子キー)の電池が切れた時の対処法 対してスマートキーは、以前あったドアのロック&アンロックができるリモコンキーから発展したもので、エンジン始動についてもスターターボタンで可能になっているのはご存知だろう。じつは単純に電波でオンやオフの信号をやり取りしているだけでなく、イモビライザーも含めてその都度、暗号を変えて合致させてうえで始動するようになっている。スマートキー (電子キー)の電池が切れた時の対処法

 それだけにリモコンはクルマにとっての命綱なのだが、問題は「電池」で作動しているということ。高度なシステムの割には一般的なボタン電池を使用しているので、使い続けると電池切れを起こしてしまう。自動車メーカーの交換指定は2年毎となっていることが多いため、知らないうちに”電池切れ”というケースもあり得る。

解錠はスマートキー内にある”キー”で可能

 では、電池が切れた場合どうするか? まずスマートキー内には「ブランクキー」という緊急用のメカニカルキーが仕込まれているので、それを抜き出してドアノブに付いているキーシリンダーに差せば解錠が可能だ。車種によってはセキュリティが鳴ることもあるが、エンジン始動後やしばらく放置することで消えるので安心しよう。スマートキー (電子キー)の電池が切れた時の対処法

 問題はエンジンの始動だ。ブレーキペダルを踏みながら、スタートボタンのところにスマートキーを当てて、ボタンを押せば始動可能という車種が多い。もちろんこれは緊急用の方法。なるべく早めの電池交換をオススメしたい。ちなみにスマートキーの場合、周囲からの電波干渉で作動しないこともありうるので、その場合も同様の方法で行えば始動しやすくなるので覚えておこう。スマートキー (電子キー)の電池が切れた時の対処法

 スマートキー自体のシステムは繊細なので、保管するときも磁力が強い場所や高温になるところに放置するのは避けよう。最近までフォルクスワーゲンがメカニカルキーを採用し続けてきたことからもわかるように、スマートキーは便利な分、なにかあったときに慌てたり、手間がかかったりするもの。とりあえず、トラブルはないにしてもスマートキーも定期的なメンテが必要というのは頭に入れておいてほしい。


画像ギャラリー