運転がうまい人ほど高く、苦手な人に足りない「先を読む」能力 (1/2ページ)

運転がうまい人ほど高く、苦手な人に足りない「先を読む」能力

小手先のドラテクより大切なこと

 20年以上も前の話だ。筆者は某自動車雑誌でドライビングテクニックの連載企画を担当していた。指南役にモータージャーナリストの清水和夫さんをキャスティング。ロケ地は箱根。テーマはたしか “ワインディングの攻略”だったと記憶している。安全でスムースな運転は先を読めているか否か 当時、レーシングドライバーとしても一線で活躍していた清水さんからどんなテクニックを教えてもらえるのか? 『きっと興味深い記事になるに違いない』と期待していた。ところが、現地での取材前の打ち合わせ早々、清水さんから叱責を受けることになる。
清水「アクセル・ブレーキの操作とか、ハンドルの切り方とかそういうことを知りたいわけ? いい加減そういうのやめない?」
筆者「えっ? だってドラテクといえば、スローイン・ファストアウトとか、アウトインアウトとか、ヒール&トゥ(MT全盛の当時)とかがテッパンですよ。それがなにか?」
 それから延々2時間近くにわたって、峠の駐車場で立ちっぱなしのまま清水さんの指南は続くのだった。

プロ棋士は100手先を読む

清水「そういうことより、まず公道を走るうえでの基本を理解すべきなんじゃないの?」
筆者「…といいますと?」
清水「プロ棋士は“100手先を読む”。それは極端な例え話だとしても、多くのドライバーは先を読んだ運転ができていない。数秒先、数メートル先で起こる、起こるかもしれない事態を予見、推察、対処する力が欠けていると思う。危なっかしいし、ちっともスムースじゃない」
筆者「例えば?」
清水「まず、先の信号のことなんかおかまいなしって人が多い。だから、しょっちゅう赤信号に引っかかる。2つ、3つ…、あるいは数百メートル先の信号まで見通さないと。歩行者用の(青)信号が点滅していたら間もなく自動車用の信号も黄色になって赤に変わる。だとしたら、次に青信号になって通過できるタイミングを見計らって、あらかじめアクセルを緩めてスピードコントロールすればいい。無駄にアクセルを踏まず、安定して車速を保てるから余計な燃料を使わない。発進→加速、減速→停止で身体に伝わるクルマの動きが減らせるから同乗者にも優しい運転になる」安全でスムースな運転は先を読めているか否かとはいえ、交通量が極端に少ない早朝や深夜はついついペースが上がりがち。制限速度を多少超えてしまうことも…
清水「すべてではないけど、例えば都内の環状道路でいくつも信号が連続しているような場合。制限速度を維持している限り、ほとんどを青信号で通過できることが多い。速度超過すると途端に赤信号につかまってしまう。信号の変わるタイミングがうまく調節されている。空いているからといってスピードを出しても無駄ってことが多いね」

レーシングドライバーの視線ははるか遠く

 先を読む運転で「究極の手本はレーシングドライバー」だと清水さんは続ける。そんなの真似できるかよ! といわず、参考になるので、まぁ聞いてほしい。

清水「前方で起きたクラッシュや、非常に接近した状態で前を走るマシンのスピンを寸前のところでかわしたり、一瞬の隙をついてコーナーで抜いたり……、一般の人からすると神業に見えるかもしれないけど、反射神経やカンだけに頼ったとっさの操作ではなく、これこそ先々を見て、読んでいてこそなせるワザ」安全でスムースな運転は先を読めているか否か

 つまりこういうことだ。レーシングスピードで進む距離は一般道とは比較にならない(註・200km/h:約56m/秒)。だから、レーシングドライバーの視線は常に信じられないくらい遠くに向いている。結果、前方でクラッシュが発生しても慌てずに対処できる。

 前を走るマシンと僅差で競っているときも同じで、ずいぶん前の時点から先行するマシンの挙動や、相手ドライバーが速い・遅いコーナーを観察。そうすれば、『動きがおかしいからスピンするかもしれない』『自分のほうが速いコーナーだからパスできるかもしれない』といった予測がついて瞬時に対応できるのだという。安全でスムースな運転は先を読めているか否か
清水「先読みできるドライバーは走りがスムース。スピンやクラッシュをしないのはもちろん、燃料を無駄遣いしないし、タイヤやブレーキの消耗も少ない。とくに耐久レースではこういうことが大きな勝因になる。先々の状況まで読んで速やかに対処するという基本は、レースも一般道を走っている時も変わらないと思う」


画像ギャラリー