アクセルの踏み方だけで燃費は良くなる! 自分でできるエコなドライビングテクニック

アクセルの踏み方だけで燃費は良くなる! 自分でできるエコなドライビングテクニック

小さな“こと”の積み重ねが燃費向上に繋がる

 クルマに乗っていれば誰もが気になるガソリン代。いわゆる省燃費グッズに頼るのではなく、お金をかけずに節約する方法はないだろうか。そこで、アクセルの踏み方やエンジンブレーキ、アイドリングにエアコンの使い方など、今すぐ実践できる省燃費のためのドラテク(ドライビングテクニック)を紹介しよう。燃費向上のためのドライビングテクニック

発進は穏やかなアクセルワークで

 省燃費、いわゆる燃費を上げるためのドラテクで非常に重要なのはアクセルワークだろう。特に発進時の加速は燃費に大きく影響するだけに重要だ。秘訣は『ゆっくりと踏み込む』こと。青信号になったとたんにダッシュする人がいるけど、レースのスタートならともかく街中では百害あって一理ナシ。かといって発進が遅すぎると後続車の走行ペースを乱したり、渋滞を招く原因になるのでホドホドに。燃費向上のためのドライビングテクニック

 目安としては、市街地の場合で、スタート後に約5秒で時速20kmに到達する感じ。それくらいのペースで、ゆっくりとアクセルを踏み込むといいだろう。

ムダな加減速を減らしたドライブを

 続いて減速時のテクニック。信号が赤になったり前方のクルマが速度を落としたら、早めにゆっくりとアクセルを戻し、エンジンブレーキを使って減速する。この方法は、ガソリンだけじゃなくブレーキパッドの摩耗節約にもなるというメリットがある。

 アクセルは、前のクルマとの距離や停止位置などを考えて戻すが、アクセルオフ状態時に追突などしないよう、エンジンブレーキだけでなく必ずフットブレーキも併用すること。

 

 また、走行中はムダな加減速をできる限り減らし、一定の速度をキープすることも重要だ。要は『アクセルの踏み直し』を減らすのが目的で、燃費にとってベストな速度は一般道なら時速40~50km、高速道路では80kmといわれている。

 ただし双方とも交通の流れを乱してまで、燃費運転に徹するのは決して褒められる行為じゃない。交通量や他車のスピード、前後の車間距離などを見極めることも忘れずに。燃費向上のためのドライビングテクニック

 ただし、上り坂ではアクセル一定だと速度が落ちるため、アクセルを踏む量は増やす必要がある。注意点は、勾配がキツくなってから急に加速するのではなく、上り坂の手前からじわじわとアクセルを踏む量を増やすこと。その方が燃費は良くなるのだ。

 また、下り坂では慣性が働き勝手にクルマが加速するので、アクセルを緩めるかオフにして、エンジンブレーキを使い速度が出すぎないようにする。エンジンブレーキだけでは、前のクルマとの距離が近づき過ぎる場合はフットブレーキも併用。車間が離れたらブレーキを離すなどなどで、うまく前車との距離を保つといいだろう。

積載物やタイヤの空気圧も要チェック

 これら燃費向上に繋がる走り方に加え、ガソリンを節約するワザとして5つほど紹介しよう。

1)余計な荷物を積まずに軽量化
2)タイヤの空気圧が低すぎないか定期的に確認
3)暖機運転は長くとも数十秒で済ませる
4)アイドリングストップをマメに行なう
5)エアコンの使いすぎに気を付ける

 車重を10キロ軽くして5km走れば15mlのガソリン節約、アイドリングは5分間で65mlのガソリンを消費、タイヤの空気圧が50kpa低いと燃費は2〜4%悪化など、日本自動車工業会がデータを公表している項目も多い。燃費向上のためのドライビングテクニック

 いずれも単独じゃ効果は小さいかもしれないが、省燃費ドライブはまさに『チリも積もれば山となる』だ。ココで紹介したテクニックを組み合わせて、サイフにも地球にも優しいドライバーを目指して欲しい。


画像ギャラリー