日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる荷室を実現

日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる荷室を実現

大人4人が余裕で乗れる広大なキャビン

 日産は、2月25日、新型「日産ルークス」を発表。車名は、従来の「日産デイズ ルークス」から「日産ルークス」へと変更され3月19日より全国一斉発売する。その「日産デイズ ルークス」で好評のプラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと座れるクラストップレベルの広い室内を実現している。価格は 141万5700〜206万6900円(消費税込)。

 

 新型ルークスのグレード体系は、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを実現するスタンダードシリーズと、より大きく見えるワイド感と高い質感で「作り込まれた」存在感を放つ、ハイウェイスターシリーズの2系列。駆動方式は、前輪駆動(FF)と4WDを全グレードにラインアップする。

 エンジンは、新型ルークスにあわせた最適なセッティングを施し、先代モデルよりも骨格を高剛性化したことで静粛性を向上。NAとターボの2タイプをラインアップするが、ターボはハイウェイスターのみの設定となっている。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

大型セダン並みに広大な後席ニールームを実現

 新型ルークス最大の特徴は、キャビンスペースを考え抜き、乗る人はゆったりと、荷物もたくさん積める広い室内空間を実現していることだ。後席ニールームは795mmもあり、また後席の室内高は1400mmと小学校低学年なら立つことも可能だ。さらに荷室床面の長さが675mmと広いスペースを確保したことで、48リッターのスーツケースを同時に4個積載することもできる。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 後席は、最大320mmのスライド機能を持っている。前方にスライドすれば運転席に座ったまま、後席に座っている子供に手が届き、ラゲッジスペースの拡大もできるわけだ。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 

 後席スライドドアの開口幅は650mmを確保したことで乗降性を高め、さらに同社のセレナで好評の片足を車体の下にかざすだけで、自動で開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側共に採用。荷物で両手が塞がったり、子供を抱っこしていてもドアを開閉することができる。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 前席のシートのヒップポイントは、先代モデルより60mm高くし、広い視界を確保。疲れを軽減する効果のある「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポート。 また、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置することにより、静かな室内空間を実現している。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 

 さらに、小さな子供や年配者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オート ステップ」をオプション設定。 具体的な使用シーンを想定し、便利で快適な使い勝手の良さをアピールする。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

軽自動車初の前方衝突予測警報機能を搭載

 先代モデルで採用されていた運転支援技術「プロパイロット」は、さらに進化させてハイウェイスターに搭載。高速道路での「長距離運転」と「渋滞」という2大ストレスを軽減し、新たにミリ波レーダーも追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知、スムースな制御を可能とした。 日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 また全方位の先進安全技術を搭載したことで、 前方を走行する2台前の車両を検知し、急な減速などにより、 自車の回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載した。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 対向車がいてもハイビームを維持できるハイビームアシストの進化機能の「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、前方の車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識の3つの標識を検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」なども搭載。「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」は、ミリ波レーダーの採用により、夜間での性能が向上している。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 脚部の保護効果を高めるSRSニーエアバッグシステム(運転席)や前後、側面からの衝突を考慮した高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。もしもの事故の際の自動通報はもちろん、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」をハイウェイスターシリーズに標準搭載。先進安全技術や安全のための機能を充実させている。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 

ポップなボディカラーとシックな内装色を用意

 ボディカラーは、2トーンが5色、1トーンが12色と多彩なバリエーションを用意。またスタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色だ。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 インテリアは、ハイウェイスターシリーズが洗練された空間と直感的な使い勝手で「きれい」に「楽」 に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質を確保。スタンダードシリーズは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現している。なお、オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを採用する。日産のハイト系軽自動車が「ルークス」に改名!スーツケース4個を同時に積載できる広い荷室を実現

 

 


画像ギャラリー