クルマのリアウイングはカッコだけ?「純正エアロパーツはどんな効果を生み出すのか」

クルマのリアウイングはカッコだけ?「純正エアロパーツはどんな効果を生み出すのか」

モータースポーツでの勝利のために誕生

 自動車にとって空力性能は重要なテーマだ。高性能スポーツカーにもならず、近年はエコカーでも空力性能を追求し、様々なフォルムの車が登場している。空力特性を向上させるためにオリジナルのボディ形状だけではなく、後付けの空力(エアロ)パーツを付加して性能を高めるのが流行にもなっている。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 スポーツカー系のエアロパーツとしてもっとも注目を集めたのは大型の「リアスポイラー」ではないだろうか。かつては三菱のランサー・エボリューション(ランエボ)やスバル・インプレッサWRX(インプ)などが競うように大型のリアスポイラーを純正装着していた。これらの空力パーツは高速で走行する際の車体の浮き上がり(リフト)を防止するのが狙いで、一般道を通常走行するには必要ではないレベルのものだった。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 なぜ市販車に純正装着されていたかといえば、当時三菱やスバルが競い合っていたWRC(世界ラリー選手権)の車両規定に「ラリー(レース)で装着できるエアロパーツは純正装着されているものに限る」と定められていたからで、生産モデルに純正装着する事で競技に使用できるホモロゲーション(認証)が得られるからだった。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 一方で市販モデルに装着するには国産車なら道路運送車両法への適合も必要で、十分な強度を持ち、規定外の車外突起物とみなされないよう細部のディテールや仕上げにも工夫が凝らすことで安全を確保していたのだ。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 一般ドライバーにとっては不要なものだが、ランエボやインプを支持するユーザーにとっては勲章のようなアイテムであり誇らしかったはずだ。

空力特性を追求すると失われるデザイン自由度

 一方でエコカーなど近年の市販車が目指す空力の方向性は燃費だ。空気抵抗を可能な限り減らしつつ、操縦安定性を確保するために空力特性向上に大きな技術と労力が払われるようになった。車両の空気抵抗はCD(空気抵抗係数)値×A(車体前面投影面積)で決まるので、車体寸法が決まるとCD値を向上させるためにボディデザインが磨きあげられる。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 しかし、CD値を良くしていくと車体表面が滑らかになり、またデザイン的な個性を主張するのが難しくなる。そこでエアロパーツを用いてフロントバンパー下やテールエンドにスポイラーなどを後付けし、スポーティなイメージを演出する手法が主流となっている。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 オーナーの好みに応じて燃費よりスポーツイメージを高めたいとか、実際にサーキットで効果が発揮できるエアロを装着したいといった要望も多く、多くのメーカーはレース部門と協調して実際に効果と安全性を高めたエアロパーツをラインアップしている。中にはスーパーGTなどのレースカーに装着されているようなリアウィングを装備しているモデルもあるが、道路運送車両法に抵触しないようにするため本物のレース仕様とは異なる。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 

スポイラーとウイングの違いとは

 では、よく耳にする「リアスポイラーとリアウイングの違い」について。一般論だがスポイラーは車体表面を流れる空気の流れをスポイル(乱し)て空気流速を抑え車体が浮き上がる揚力の発生を抑える効果を得るためのもの。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 対してウイングは文字通り”翼”であり、ウイングそのものに空気の流れを当て車体を地面に押さえつけるダウンフォースを発生。効率よくウイングに空気を当てるには車体との干渉を避けなければならず、車体から離れた位置に装着することが求められ、前面投影面積が増えてしまったりウイング自体のCD値が悪化して空気抵抗は増えてしまう。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 メーカーが純正エアロパーツとしてウイングを装着する例はGT3などのレースカテゴリーベースモデル意外ではほとんど見かけないが、性能と法規のバランスを取るのが難しいのが理由だ。リヤウイングはカッコだけ? 自動車メーカー純正のエアロパーツは効果あるのか

 エアロパーツはメーカー純正パーツだけでなくアフターパーツマーケットでも多くが揃っているが、純正パーツが推奨されるのは空力解析だけでなくコストや耐久性、法規対応など総合性能として優れているからだ。


画像ギャラリー