【YUIのイチ押しキャンパー第1弾】普段使いもできて超ベンリ♪♪ フレックスのキャンピングカーはどうなってるの?

【YUIのイチ押しキャンパー第1弾】普段使いもできて超ベンリ♪♪ フレックスのキャンピングカーはどうなってるの?

家族で仲間で楽しめるライトキャンピング

【FLEX NH TYPE-2】

 定員5名の「タイプ1」に対して、片側3名ずつの横座りシートで最大8名乗車が可能なのが「タイプ2」。使い勝手のいい標準ボディ幅に、高さは実用性のあるハイルーフ仕様となるGLパッケージ・ガソリン2WDをベースに、人気の「FLEX」が8ナンバーキャンピングとして製作したクルマだ。

 家族中心に楽しむタイプ1から仲間と遊べるタイプ2へと楽しみ方の選択肢が広がった仕様。背もたれに使用しているマットをセンターに敷き詰めればフルフラットベッドへの変更が展開可能で、その際は就寝3名ができるスグレモノ。シートバリエーションが無い分、シンプルに使いこなせるから目的のハッキリしている人にはオススメ。標準ボディ幅だがハイルーフなので車内での移動や着替えなど室内空間を快適に利用できる。フレックス、FLEX、FLEX NH TYPE-2

 シートは横座りの固定式なので展開作業は不要。ベッドマットを敷き詰めれば3名分の就寝スペースが即出現。まったりと過ごしてもいいしシンプルに使いたい人にはオススメしたいベッドスペースだ。

 また、エントランスからすぐの収納庫は小物入れになり、オプションで電子レンジを置くことが可能。シンクや冷蔵庫と並ぶことで一連の調理作業がうまく行えるよう動線が確保されている。

 コの字型横向きシートのシンプルなリビングスペース。展開バリエーションの派手さはないが、目的がシンプルなだけに使い勝手がいいレイアウト。センター部分は長尺ものも搭載可能だ。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 そして、バッテリーの残量、充電電流、仕様電流などを一眼で確認できるドイツ製デジタルバッテリー残量計を装備。使いやすい位置もいい。

 こちらはステンレス製の美しいシンク。その左には大きな調理スペースが広がるため、多人数のゲストをおもてなしするためには何かと便利そうだ。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 さらに天井にはムーディーな室内照明を完備。室内はシックで上質な空間が広がっていて長時間を過ごす場合でも快適だろう。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 調理台の下には40Lのエンゲルの冷蔵庫を装備。家族や仲間とワイワイクルマで楽しむのに冷蔵庫があると非常に重宝する。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 また、サイドのシート下にはセンターテーブル用のパイプを収納したりできる大型収納庫を完備。シンク下には給・排水タンクが収まっている。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 他にも外部充電システムを装備しているため、RVパークなど充電可能な場所での車中泊はさらに快適に過ごす事ができる。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 今回のモデルベース車両は標準仕様ハイルーフ、ガソリン2WD。外装のカスタムも楽しめる可能性を持っている。ハイエースをベースとしたフレックスのキャンピングカー

 
↓【動画】YUIの「FLEX NH TYPE-2」レポート♪↓

 

FLEX NH TYPE-2 SPEC
●ベース:標準ボディ・ハイルーフ2000G 2WD
●価格:¥3,666,667
●乗車定員:8名
●就寝定員:3名
●標準装備:内装フルトリム/天井・壁面断熱処理/40リッター冷蔵庫/ステンレスシンク/10リッター給水・排水タンク/カセットコンロ/DC12V電源/外部電源/走行充電システム/サブバッテリー(105Ah)/デジタルバッテリー残量計
●オプション:FFヒーター ¥160,000/エバコン ¥32,000/追加サブバッテリー ¥24,000/ベンチレーター(MAXXFAN) ¥64,000/ベンチレーター(ファンタスティックベント) ¥56,000/電子レンジ(ハイアール製 ¥32,000〜/ナビ切り替えスイッチ ¥24,000/正弦波350Wインバーター ¥58,400/正弦波1500W ¥119,200/ソーラーパネル(板タイプ) ¥96,000/ソーラーパネル(フレキシブル) ¥120,000/サイドウォーニング3m(FIAMMA) ¥104,000

【詳しくはこちら】

全国のフレックス・ハイエース店
https://www.flexnet.co.jp

画像ギャラリー