昭和車が付けていた懐かしのステッカー9選 「有鉛」「OK」「排出ガス対策済」の意味は?

昭和車が付けていた懐かしのステッカー9選 「有鉛」「OK」「排出ガス対策済」の意味は?

時代を感じさせる規制モノから性能アピールまで

「ステッカーチューン」という言葉があるように、なにかしら貼りたいクルマ好きがいるものだが、その昔は純正状態でもいろいろなステッカー(シール)が貼られていたものだ。現在では車検の有効期限や定期点検、排ガス基準、ディーラー名ぐらいだろうか。随分と減ったものだが、昭和のクルマには規制モノや性能を誇示するものまで多彩にあった。ここでは、そんな往年のシールたちにスポットを当ててみよう。

【有鉛/無鉛/高速有鉛】

 昔のハイオクガソリンは”鉛”を混ぜて作られていた。いまや環境や人体に良くないので配合されなくなったが、一時は”無鉛”とともに”有鉛”のガソリンも併売。車両には使用指定燃料を表すステッカーが貼られてあり、「無鉛ハイオク」と呼んでいたことに懐かしい方もいるのではないだろうか。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 鉛入りのほうがパワーを出しやすく、エンジン内部の保護力が高かったのも事実。”高速有鉛”というのは「高速道路に乗るときだけは有鉛を入れましょう」というもの。また有鉛を混ぜる、”混合”というのもあった。

 

【排出ガス対策済/排出ガス51年規制適合車】

 「排ガス規制」がどんどんと厳しくなっていった昭和48年から昭和50年代にかけての時代。それらに対応していることを示すステッカーがリアウインドウに貼られていた。排ガス規制が厳しく言われた時代であり、更にNOxを低減するなど段階的に強化されていったのである。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 また、「点火時期調整」や「アイドルHC特殊」というのも当時の規制適合を表したものだ。

 

【OK】

 自動車メーカーが「出荷時の検査をちゃんとパスしてますよ」というオーナーに向けた証で、リアまわりのガラスに貼られていた。いまや、検査するのが当たり前のなったものの、最近では出荷前の検査で資格がない従業員に検査をさせていた問題もあった。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味 ちなみに、日産C10型スカイライン(通称ハコスカ)GT-Rのレース車両に貼られていた”OKマーク”は、また別の意味なのであしからず。

 このように、昭和は車両規制に関するステッカーが多かった時代。また、そのクルマの性能や装備をアピールしていたのも懐かしい面影だったのである。

 

【冷房車】

 現在では考えられないが、1970年代ぐらいまではクーラーの時代。そのクーラーにしても、超豪華な装備で、付いていないのが当たり前だった。逆を言えば、画期的だっただけに、「冷房車」のステッカーを貼ってアピールしていたのだ。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

「デンソー」や「サンデン」など、小さくメーカー名が入っていたのもポイント。当時は、後付けの社外品のキットもあった。

 

【パワーステアリング】

 1970年代、そして車種によっては1980年代も「パワーステアリング」は珍しかった装備。”重ステ”が当たり前だった時代に、パワステというのはそれだけ贅沢な装備だったし、ドライバーの負担を軽減するために女性向けのアピールも多かった。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 そんなパワステも油圧式から電動式となり進化を遂げている。

 

【TURBO】

 国産車で初めて「ターボ」を採用したのは、1979年に発売された日産430型「セドリック・グロリア」。1980年代は夢の技術であり、その後もターボは相次いで装着され、パワー競争を行なうようになった。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 エンブレムだけでなく、サイド部分にステッカーを貼ったり、シートに刺繍が入るなど、ちょっとしたステータスの高さを感じさせてくれたのである。

 

【DOHC 16VALVE】

 現在は、”ツインカム”や4気筒だと”16バルブ”ではないクルマは存在しないと言っていいほど一般化した。逆に、1980年代までは夢の技術であり、高性能の証だった。レーシングカーの技術というイメージすらあったということで、採用しているクルマはデカデカと貼っていたものだ。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 このように、エンジンのメカニズムをメーカーが主張しまくった昭和のクルマ。もはや、ハイブリッドやEVというのがイマドキなのだろうか。

 

【4WD】

 クロカンやワンボックス車のボディ側面に貼られていた「4WD」。日産サファリやいすゞビッグホーンといったRV車だけでなく、三菱デリカやスバル・レオーネ、スズキ・アルトワークスなどなど幅広い車種で多く見かけた。現在から見れば「ふ〜ん」と興味も示さないが、”ヨンク(4WD)”という響きはカッコよくて珍しかったのである。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 ”FULLTIME”などが併せて入ることもあり、バリエーションも多かった。

 

【EFI】

 いわゆる「インジェクション」のこと。キャブレターに代わる当時の最新技術だっただけに、採用しているクルマは誇らしげに貼られていたものである。ただし、そもそも意味がわからないので、”ELECTRIC FUEL INJECTION”と読み方を入れてあるのもあった。昭和のクルマに貼られたシールやステッカーの意味

 このEFIは、ボッシュ社の技術をデンソーが導入して開発したもので、1971年にトヨタが初めて搭載している。


画像ギャラリー