タイヤ&ホイールだけで差別化できる! ワイルドなスタイルが似合う国産SUV5選

タイヤ&ホイールだけで差別化できる! ワイルドなスタイルが似合う国産SUV5選

SUVの魅力を高めるカスタムが人気上昇中

 悪路をガンガン走るだけがSUVの楽しさじゃない。と思いながらも頭に浮かぶカスタムは、少し上げた車高にゴツいパターンのブロックタイヤ、ウインチなどなどオフロード系のパーツばかり。今年の東京オートサロンや大阪オートメッセといったカスタマイズカーショーでは、自動車メーカーを含めてワイルドなカスタムを施したデモカーが数多く展示されるなど、SUVの人気ぶりを感じさせてくれた。今回は、そんなタフなスタイルが似合う国産SUVを5台ピックアップしてみたい。

【スズキ・ジムニー】

 まずは、定番中の定番でスズキの「ジムニー(シエラ)」。悪路走破性の高さは今さら説明するまでもなく、日本の狭い山道や林道とマッチした、コンパクトなボディサイズが魅力だ。さらにアフターパーツは数え切れないほどあり、セッティングのノウハウも非常に豊富という、カスタムを楽しむための要素をすべて備えている、といっても過言ではないだろう。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ

 ライトな週末のアウトドアから本格的なクロスカントリー競技まで、世代を超えて幅広いユーザーから愛されるのも納得できる。軽自動車だけにタイヤのサイズが小さく、税金を含め維持費が安いのも人気の理由といえるだろう。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ

 

【日産・エクストレイル】

 普通車のミドルサイズSUVなら「エクストレイル」を推したい。3代目となる現行型は従来のタフなイメージを残しつつ、最先端の安全装備や環境に優しいハイブリッド仕様を設定し、クリーンさを兼ね備えたモデルとして世界中で高い評価を得ている。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ

 見た目も先代までとは変わり高級感を増したが、初代からの伝統である防水仕様のシートおよびラゲッジを継承、ワイルドさと実用性を損なっていないのが嬉しい。

 

【トヨタ RAV4】

 よりラグジュアリーなのが「RAV4」。2018年に北米でデビューした現行モデルは、洗練されたデザインに大柄なボディを与えられ、街に溶け込むアーバンなSUVとなった。しかしながら新開発の『ダイナミックトルクベクタリングAWD』や、ハイブリッド車に搭載した電気式AWDシステム『E-Four』 など、SUVならではの高い走破性はまったくスポイルされていない。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ 2月に開催された大阪オートメッセ2020では、ブロックパターンのタイヤを履きルーフラックには荷物を満載、10mmリフトアップした「TRD」の手によるモデルを展示。アウトドアでタフに使って欲しいという、メーカーからのメッセージが強く伝わってくる。

 

【三菱・アウトランダー】

 ミドルサイズでいえば海外ラリーでよく使われる「アウトランダー」の存在も忘れてはいけない。デビューは2012年とやや古いモデルではあるが、2014年からアジアクロスカントリーラリーにPHEVで参戦を始め、翌年には電気自動車クラス優勝という輝かしい実績を残した。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ そのような経緯を考えると、やはりワイルドさを前面に押し出すカスタムが似合うのではないだろうか。レースやラリーと言ったモータースポーツで培った、三菱ならではの高度な電子制御4WDシステムを採用しているところもポイントだ。

 

【三菱・デリカD:5】

 最後は少し毛色を変えて「デリカD:5」。ボディの形状だけを見ればミニバンだが、先に挙げたアウトランダーと同様の電子制御4WDを備えている。街乗りでは燃費を重視し2WD、雨やちょっとした未舗装路は4WDオート、本格的なオフロードなら4WDロックと、一般的なミニバンとは一線を画した走破性が魅力。RAV4やエクストレイル、ジムニー、アウトランダー、デリカD:5のおすすめなカスタマイズ それだけにローダウンではなくリフトアップし、マッドフラップにブロックパターンのタイヤ、なんてワイルドなスタイルで楽しむのもアリ。素性の魅力を底上げできる合法メイクで、ぞれぞれのカスタマイズを楽しんでほしい。

画像ギャラリー