クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 【立体駐車場OKのSUV】都市部で使いやすく、ハンドリング良好なオススメモデルとは
CAR
share:

【立体駐車場OKのSUV】都市部で使いやすく、ハンドリング良好なオススメモデルとは

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: Auto Messe Web編集部

駐車場事情に最適な全高1550mm以下

 最近、ボクのモータージャーナリスト&ドッグライフプロデューサーという仕事柄もあって、都市部在住の知り合いから、SUV購入の相談をよく受ける。アウトドア好きから愛犬とよくドライブに行く人までそれぞれだが、立派な体格の本格SUVをオススメしにくい事情がある。

 駐車場の問題だ。自宅マンションの駐車場や会社の駐車場、はたまたよく利用する都市部の駐車場に全高制限があり(多くは1550mmまで)、例えば、個人的に国産SUVとしてイチオシのトヨタRAV4や三菱アウトランダーPHEV、ダイハツ・ロッキーなど、意外と身近なSUVでもNGとなってしまう。

 そこで、立体駐車場の入庫容易性を含めた都市部での使いやすさに加え、モータージャーナリストが薦めるのだから、走りもいいSUVをピックアップしてみた。しかし、クロスオーバーモデルまで含めると、今では商品性のためか全高1550mm以下のSUVが多いのも事実。国産車ではマツダCX-3(1550mm)、マツダCX-30(1540mm)、トヨタCH-R(1550mm)、レクサスUX(1540mm)、スバルXV(1550mm)など豊富な顔ぶれだ。 輸入車では、BMW X2(1535mm)、メルセデス・ベンツGLA(1500mm)、アウディQ2(1500mm)、VWのヴァリアント系としてゴルフのオールトラック(1500mm)、パサート・オールトラック(1535mm)、ボルボV60クロスカントリー(1505mm)など、クロスオーバーモデルからワゴン派生モデルまで、かなり多彩なモデルが揃う。 走行性能はどれも文句なしで、マツダ車はクリーンディーゼルが選べるし、トヨタ系には燃費性能抜群のハイブリッドも揃う。輸入車ならブランド力とともに、例えコンパクトなモデルであっても、同クラスのセダンやハッチバックモデルに比べ、SUVならではの存在感、迫力は文句なし。ただし、価格がネックである。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS