何度でも使える組み立て式「簡易緊急トイレ」!災害時、帰省ラッシュ、レジャーで大活躍

何度でも使える組み立て式「簡易緊急トイレ」!災害時、帰省ラッシュ、レジャーで大活躍

ダンボールを組み合わせるだけで完成!

 災害時の避難所、帰省ラッシュの高速道路のパーキング、ハイシーズンのキャンプ場などで、意外に困るのがトイレ混雑。多くの人が集まる割に用意されているトイレの数が少ないのが原因だ。愛工房の携帯用トイレ「レスキューダンボールトイレ」は、未使用時はコンパクトに収納できることはもちろん、繰り返し利用可能。さらに3700円(税込み・送料込み)というリーズナブルな価格も魅力となっている。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 平時は数が足りないとは思わないトイレ。ところが、ちょっと人が集中するとアッという間に列ができてしまう。とくに災害時は、衛生面でも心配な部分もあり、感染症予防のためにも家族のために「My トイレ」ではないが専用トイレを用意したいことだろう。ところが、ポータブルトイレは折りたためず大きな収納スペースが必要だったり、携帯タイプは使い捨て仕様だったりと、緊急時用として常備できるタイプの選択肢は意外に少ない。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 愛工房の「レスキューダンボールトイレ」は、収納時は横49×縦40×厚さ17cmとコンパクト。しかも、繰り返し使用することが可能だ。ダンボール製の本体のほか、45リッターのゴミ袋、消臭シート3枚、トイレットペーパー1個が同梱されている。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 さて、本体の組み立てだが外板パーツへ縦方向に補強用の仕切り、フタ、便座を差し込んでいくだけ。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 便座を覆うようにゴミ袋を装着して、内部に消臭シートを入れいれば組み立て作業は完了。1〜2分で完成した。もちろん、接着剤や粘着テープは必要ないため、緊急用としての使用を考慮している。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 ちなみに組み立てたトイレ本体の大きさは高さ40×幅35×奥行き50cmと、トールタイプの軽自動車(写真はミニバン)のラゲッジルームにも設置できるサイズだ。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 ダンボール製なので「人が座っても大丈夫?」と思うかもしれないが、体重100kgまでの人が使用することを想定して、ダンボールの材質や強度計算が施されている。実際に座ってみたが、グラつくような不安感もなく、試しに全体重を載せてみたがトイレの強度は十分に確保されていた。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 組み立てに接着剤などを使用していないので、再び収納箱に戻すことができる。また、ゴミ袋や消臭シートを替えれば何度でも使い続けられるところも経済的だ。

 最近のビルやマンションは、ポンプで各部屋に給水を行っている。つまり停電するとポンプが動かなくなり断水となって、トイレは使用できなくなってしまうわけだ。決して大災害でなくても、一時的な停電で非常用トイレを必要とする可能性も十分にありえる。また、帰省時など人々が移動する時期の高速道路のパーキングエリアにおけるトイレ渋滞に遭遇しても、いよいよのときは慌てずに車内で対処できるというのは心強いはず。高齢者やお子さんがいるご家族なら、トイレに困った経験はあるだろうから、その重要性は理解できることだろう。愛工房のレスキューダンボールトイレが登場

 まさに備えあれば憂いなしという言葉どおり、軽微な被災でも「レスキューダンボールトイレ」は有り難さを感じることができる緊急用備品となること間違いなしだ。

愛工房 
TEL048-998-8899
http://www.megumikobo.jp/

楽天


画像ギャラリー