クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • アゲ系アルトにエッセのフィアット化! やり過ぎだけど面白い最新「軽ハッチ」カスタムの世界
CUSTOM
share:

アゲ系アルトにエッセのフィアット化! やり過ぎだけど面白い最新「軽ハッチ」カスタムの世界

投稿日:

TEXT: 岩田部屋 PHOTO: K-STYLE編集部

プレーンなミラ・トコットにスポーツテイストを注入

 自動車メーカーが本気で作ったコンセプトカーにも注目したい。ダイハツが東京オートサロン2019で発表したのは、プレーンでスクエアなフォルムを持つミラ・トコットをホットハッチ風味にモディファイした、「ミラトコットスポルザVer.」。大きな開口部を持ったフロントバンパーや大きなルーフエンドスポイラー、ディフューザー形状のリアバンパーなどスポーティなエアロパーツで武装。さらに往年のミラ・TR-XXやシャレード・デトマソにも設定があった、赤×黒の2トーンカラーで走りのムードを盛り上げる。

 内装も手を抜かず、シートやドアトリムなどを外装と同じく赤×黒でコーディネート。カーボン風にアレンジしたパネル類や赤のプッシュスタートスイッチなど、細かいところまで凝っている。

 あくまでもコンセプトカーであるため現時点では市販化のアナウンスはないが、現在新車で買える軽ホットハッチはアルトワークスくらいなので、対抗馬として販売すれば売れそうだ。関係者の方、ご覧になってましたらぜひご検討を。

モータースポーツでも活躍する軽ハッチバック

 S660やコペンといった2シーターのスポーツモデルに限らず、軽ハッチバックでもスポーツ走行を楽しむことができる。軽オンリーの耐久レースやジムカーナではアルトやミラが活躍しているし、ヴィヴィオやトゥデイなどの旧規格車も未だに現役。軽自動車の中では車重が軽いため競技ベースに最適で、チューニングパーツも多く出回っている。また非力なNAエンジンでも、ドライバーのテクニックで十分カバーできる点も魅力的。各地でNAだけのレースも開催されており、非常に盛り上がっている。

2019年6月時の仕様

 地元のサーキットなどで開催される走行会に、黒のJA4型ホンダ・トゥデイで積極的に参加しているというHさん。エンジンはNAをベースにキャブ化した上で、ヨシムラのGSX-R用キャブやハイカムなどを導入。ビート用のエキマニやワンオフで製作したマフラーによって抜けも良く、大幅なレスポンスアップを実現。

2019年6月時の仕様

 外装もGTマシン風のワイドフェンダーやオーナーの自作というリアディフューザーなど、中身に相応しい作り込み。追加メーターがスマートにインストールされたダッシュボードも自作というから驚きだ。ここまで気合いを入れて作り込むと、気持ち良いほど楽しく走れるだろう。

2019年6月時の仕様

 このように、軽ハッチバックは様々なスタイリングが似合うと言うことをお分かり頂けただろうか。あまりお金をかけずに思いっきり遊べるクルマが欲しい人は、ぜひご検討を。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS