クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • いまバブルの申し子が隠れた人気! 「新シーマ現象」で初代の中古価格が上昇中
CLASSIC
share:

いまバブルの申し子が隠れた人気! 「新シーマ現象」で初代の中古価格が上昇中

投稿日:

TEXT: 岩田部屋 PHOTO: Auto Messe Web編集部

当時を知る者だけではなく、昭和を知らない若者にも愛される1台

 1980年代に生産されたネオクラシックカーの「高級車枠」で、今もなお人気が高いモデルが日産・シーマ(初代・Y31系)。それまで日産のセダンと言えばセドリックとグロリアが一般向け高級車の地位を築いていたが、その上を行くハイグレードモデルとして1988年にデビュー。

 当時はバブル景気もあり、高額な車両でありながら記録的な販売台数を達成し、「シーマ現象」という言葉も生まれたほど記憶に残る名車として今も語り継がれている。また90年代に入ると高級セダンをドレスアップする「VIPセダン」のベース車としても人気を博し、若者たちの間で再ブームとなった。

 では現在はどうかというと、現行型だった全盛期とまではいかないが、密かに「シーマ現象」は続いている。Y31系シーマを中古で購入して、新たなオーナーになる人が少しずつ増えているのだ。ユーザー層を見ると当時乗りたくても高くて手が出なかった、もしくは当時乗っていたけどもう一度欲しくなったという40代以上の世代が大半である。

 ここまでは納得が行くのだが、実は18歳~20代の若いオーナーも意外と多い。聞くと親が若い頃に乗っていた、生まれる前の昭和時代に人気だった高級車に乗りたい、というのがその理由。確かに先進的な現行車ばかりを見てきた若者にとっては、旧車のような新鮮さを感じるのかもしれない。

 そこで今回はY31系シーマの特徴や人気の秘密、そして中古車市場の動向を語っていく。

ツインカムターボとエアサスの組み合わせで、当時は向かうところ敵なし

 1987年6月にフルモデルチェンジしたY31系セドリック/グロリア。その半年後となる1988年1月に、同車と同じプラットフォームを持つ上級車種のシーマが販売を開始した。

 セドリック/グロリアはバンパーの出幅を抑えて全長が若干短くなっている5ナンバー車の設定もあったが、シーマは3ナンバーボディのみ。セドリック/グロリアの最上級グレードである3ナンバーのブロアムVIPと比較すると、シーマの方が全長プラス30ミリ、全幅プラス50ミリワイド(タイプllリミテッド)になっている。また角に丸みを持たせた滑らかなスタイリングや、ふんだんに使われたメッキパーツにより、上品なムードをさらに高めている。

 シーマは1989年8月にマイナーチェンジを行っているが、エクステリアの変更は最小限に留めている。グリルの横フィンが2本から4本になり、テールランプの透明度が若干増した程度。グリルのデザインがより繊細になったことから、前期のシーマに乗るオーナーの中にはグリルだけ後期純正に付け替えて新しく見せるという人もいた。

 エンジンはツインカムターボのVG30DET、NAのVG30DEの2種類。足まわりはグレードにより、電子制御エアサスペンションまたはコイルスプリング式サスペンションが設定された。シーマは様々なグレードが用意されたが、一番人気はターボエンジンとエアサスを装備したタイプⅡリミテッド。アクセルを踏むとリアの足まわりが沈み込んで一気に加速する、その姿が今も印象に残っているという人も非常に多い。

 室内もセドリック/グロリア・ブロアムVIPと比較すると、室内長プラス20ミリ、室内幅プラス10ミリ(タイプll)と若干だが広くなっている。センターピラーレスハードトップのため、窓を全開にすると非常に開放感がある。シートはモケットの他に、オプションで本革を用意。後期型からはシートやドアトリムに白本革を採用したオプションパッケージ、ホワイトバージョンが新設された。

 当初グレードは最上級からタイプllリミテッド、タイプll-S、タイプll、タイプ1の4種類を設定。タイプll-Sは鍛造ホイールと専用サスペンション、フロントスポイラーなどを装備したスポーツモデル。ボンネットマスコットがシーマのロゴが入ったバッジに変更されているのも特徴である。後期からはナビゲーション機能などを内蔵したマルチAVシステムを装備するタイプllリミテッドAVなど、3グレードが追加された。

 上級グレードに標準装備されたワイパー付きドアミラー、センターパッドが回転しない光通信ステアリングなど、他のクルマにはない先進的な機能・装備も充実しており、それも現在まで続くシーマ人気を後押ししている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS