ダイハツ・エッセだけのワンメイクレース! ジムカーナに林道アタック、サーキットトライアルもやる「ESSE CUP」の全容 (1/2ページ)

ダイハツ・エッセだけのワンメイクレース! ジムカーナに林道アタック、サーキットトライアルもやる「ESSE CUP」の全容

軽自動車とは思えぬ軽快な走りを披露

 6月最後の日曜日、岐阜県恵那市にある恵那笠置山モーターパークで「ALL JAPAN ESSE CUP(AJEC)」の第1戦/第2戦が開催となった。AJECはその名の通り、ダイハツ・エッセを使用したワンメイク・シリーズだ。ALL JAPAN ESSE CUP

 シリーズの概要だが、エッセをカテゴリーに分けて日本一を決めるというモータースポーツ競技。カテゴリーはジムカーナ、林道アタック、サーキットトライアルの3種類。これを1大会2ラウンド制で、各ラウンドのポイントでシリーズを争う、というもの。ALL JAPAN ESSE CUP

 ダイハツ・エッセといえば、6代目ミラをベースとした5ドアハッチモデルで、2005年から2011年まで販売された。女性ユーザーをターゲットにしたシンプルでリーズナブルな実用車だが、軽量なボディ(車重は700kg)と、3気筒12バルブKF-VE型エンジン(最高出力58ps/最大トルク65Nm)との組み合わせで軽快な走りを見せ、今でも一部で人気のモデルである。ALL JAPAN ESSE CUP このAJECに、サスペンションキットや補強パーツ、ギヤ比変更チューニングなどを手掛けているエッセ専門店「くるま相談室(香川県高松市)」の山地潤也代表も選手としてに参戦していた。ALL JAPAN ESSE CUP「エッセは車重が700kgと軽量で、エンジンパワーは軽自動車だから58馬力なんだけど、8100回転まで回るんですよ。実用エンジンでここまで回るエンジンはないですよ。最初から面白いクルマになる要素があるクルマだったんです。サスをちゃんとすればどこでも楽しめるってね」。

「あとは、ダイハツにはストーリアX4(クロスフォー)とかブーンX4といった国内ラリー選手権参戦のための車両がありましたが、それらのクロスレシオのギヤも流用できるので、比較的低価格で本格的な仕様にすることができる。他にもなかなか壊れないとか、中古部品の調達も楽だったりしてね、少しイジれば走りや乗り味のレベルが飛躍的に向上するんです。まさに財布にやさしく間口の広い、モータースポーツにぴったりの一台」とエッセの魅力を語る。

ALL JAPAN ESSE CUP 話は戻りAJECカップ。今回この開幕戦に元全日本ダートトライアルチャンピオンである、三枝光博選手をはじめとする15名がエントリー(ダブルエントリーもあったので参加台数は11台)。

 AJECの会場となった恵那笠置山モーターパークは、グリーンピア恵那跡地の有効活用として使用されている場所で、オートテストやジムカーナなどの走行イベントが開催されている。このAJECも開幕戦と第2戦がジムカーナ・カテゴリということで、この場所での開催となった。2回の練習フリー走行の後、2本を走行してその計測2本のうちのベストタイムで順位を決めることとなる。ALL JAPAN ESSE CUP

画像ギャラリー