超定番お手軽カスタムの知られざるワナ! アルミ製エアバルブキャップの装着で最悪レッカー移動に繋がる怖れ

超定番お手軽カスタムの知られざるワナ! アルミ製エアバルブキャップの装着で最悪レッカー移動に繋がる怖れ

「異種金属接触腐食」を起こし外れないことも

 足下の手軽なドレスアップアイテムとして、興味を持っている人も多い、ホイールのエアバルブキャップの交換。純正ホイールのエアバルブには、味も素っ気もない黒い樹脂製のキャップがついているが、これをBBSやレイズなどのホイールのような金属製のキャップにするだけで、オシャレな足元に大変身! 

 たった数百〜数千円(編集部調べ)のキャップでこの満足感ならコスパは最高、といいたいところだが、純正ホイールをはじめ、大半のホイールが採用している、ゴム部品と一体になった黄銅=真鍮のバルブステムのエアバルブに、アルミ製のバルブキャップを組み合わせるのは実はリスクが高い。

【関連記事】まるでプライベートジェット? 「豪華」にも程があるハイエースの「室内リフォーム」3選

アルミ製エアバルブキャップへ交換するとトラブルの可能性も画像はこちら

 異なる金属同士が長時間接触していると「異種金属接触腐食」という、いわゆる『電蝕』という現象が起きることがある。真鍮とアルミは、食べ物で例えるなら「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」のように相性が良くなく、アルミ製のキャップと真鍮製のバルブステムを組み合わせると、接点が腐食し 最悪、固着してキャップが取れなくなることも。

 最低でも、ひと月に一度は空気圧をチェックしていれば、そこまでひどく固着することはないといわれるが、そのまま半年以上放置して、大変な目にあったという人は意外に多い。

アルミ製エアバルブキャップへ交換するとトラブルの可能性も画像はこちら

自分で解決せずにプロに任せるのが一番

 もし、アルミキャップと真鍮のバルブステムが電蝕して、くっついてしまったらどうすればいいのか。実際にそうしたホイールをいくつもレスキューしてきたというタイヤホイールの専門店『嘉衛門』保土ケ谷店の清水店長に、話を伺ってみた。

「キャップとバルブステムが、完全に固着してしまうと、工具を用いても簡単に外すことが出来ません。無理に外そうとするとエアバルブを破損する恐れがあります。破損してしまうとタイヤの空気が漏れてしまい、パンクの補修が困難となるほか、タイヤ交換をしないとマイカーが動かせなくなります。そうするとレッカー移動を余儀なくされます。アルミ製エアバルブキャップへ交換するとトラブルの可能性も画像はこちら

 また、工具でホイールにキズをつけるリスクや負傷してしまう恐れもあります。怪我や事故を防ぐためにも作業はなるべく控えていただき、整備工場やタイヤホイールのプロショップ等に相談することをオススメします」とのこと。

「バルブキャップの固着なんて、最悪、プライヤーなどでエイッとやれば何とかなる」と簡単に考えず、真鍮製のバルブステムには、樹脂製のバルブキャップをつけるか、どうしても金属製にしたいときは、同じ真鍮製を選んで、『電蝕』が起きるのを防ぐことが肝要だ。アルミ製エアバルブキャップへ交換するとトラブルの可能性も画像はこちら

 また、清水店長によると「樹脂製や真鍮製でもホコリやカビなどで固着することがありえる」とのことなので、キャップの材質に関わらず、少なくとも1カ月に1回は空気圧を点検し、同時にエアバルブとキャップの点検も行い、キャップの固着を予防するよう心がけよう。

【取材協力】
ホイール・タイヤ専門店 嘉衛門
●東京都世田谷区等々力7-7-1
●TEL:03-5706-7777(本社・広報)

今年30周年を迎える老舗タイヤホイールのプロショップ。現在、東京と神奈川に4店舗を構え、国産軽自動車から輸入スーパースポーツカーまで幅広く取り扱う。経験豊富な熟練職人による丁寧な手仕事が自慢。

嘉衞門HP

画像ギャラリー