雪国以外でも使える機能がいっぱい! 新車購入時に「寒冷地仕様車」をあえて選ぶメリットとは (1/2ページ)

雪国以外でも使える機能がいっぱい! 新車購入時に「寒冷地仕様車」をあえて選ぶメリットとは

寒冷地仕様には場所を限らない普遍的メリットも

 クルマのカタログの最後のページは装備表となっており、その中には寒冷地仕様というオプションがあることが多い。寒冷地仕様はその名の通り、冬場の気温がマイナス10度以下になることが珍しくない寒冷地での使用に対応した仕様で、装備なども加えられたものである。

 冬場の厳しい状況をクリアできる手助けオプションではあるが、性能を向上させている項目は寒冷地ではなくてもメリットがあることも。

寒冷地仕様車には選択オプションがあるが、寒冷地でない場所でも有効なものもある画像はこちら

ヒーター系パワーアップで余裕がある寒冷地仕様

 寒冷地仕様の内容を具体的に挙げていくと、まずいちばん違うのは、冷却水の濃度アップである。

 エンジンを冷やす冷却水にはLLC(ロングライフクーラント、不凍液)がミックスされており、標準仕様の濃度30%だとマイナス15度程度で凍結することになる。これが原因で最悪は、缶ビールを冷凍庫で凍らせたようにふくらみラジエーターが破裂する恐れがある。

 そのため寒冷地仕様ではLLCの濃度を50%まで濃くし、マイナス35度程度まで凍結しないようになっている。

寒冷地仕様車には選択オプションがあるが、寒冷地でない場所でも有効なものもある画像はこちら

 その他にもいろいろあるが、おおまかに向上させているものが、ヒーターの性能、セルモーターの性能、バッテリーの容量アップ、などだ。

寒冷地仕様車には選択オプションがあるが、寒冷地でない場所でも有効なものもある画像はこちら

 また追加されている装備としては、冬期の屋外駐車後などで素早く視界を確保するためなどにも役立つ、ドアミラーのヒーター、フロントガラスの熱線、ウィンドウウォッシャーの容量アップ、雪に対応したワイパーモーターのパワーアップといったあたりが代表的なところだ。

寒冷地仕様車には選択オプションがあるが、寒冷地でない場所でも有効なものもある画像はこちら

 さらにクルマによっては寒冷地仕様になると、道路に巻かれる融雪剤、凍結防止剤のボディへの影響を減らす防錆の強化、オルタネーター(発電機)の容量アップ、シーリングのゴム部品の強化などが施されていることもある。

 寒冷地仕様の価格はクルマによってかなり差があり、1万円から4万円といったところだ。

画像ギャラリー