悪路無敵の「ランクル70」! 買うなら「丸目の旧70」か「角目の再販70」か徹底比較した (1/3ページ)

悪路無敵の「ランクル70」! 買うなら「丸目の旧70」か「角目の再販70」か徹底比較した

いまライトユーザー層からも熱い視線が注がれる

 1984年11月に発売されたランドクルーザー70は、先代の40に連なるヘビーデューティ系のモデル。数ある「ランクル」の中でも本流のど真ん中を行く正統派で、日常ユースも配慮された60や80とはまた違う、タフで無骨なムードを持つ。

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 ランクル70はとても息の長いモデルだ。国内では2004年7月まで20年間にわたって販売され、生産終了後も2014年には発売30周年を記念して1年間限定で復活。発売初月に3600台以上を受注するというヒットを飛ばした。なお、オーストラリアや中東地域といった海外では、この70が今でも新車で販売されている。※本記事では便宜的に2004年までのモデルを「旧70」、30周年記念モデルを「再販70」と呼称する

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 よってランクル70といっても、大きく分けると2種類ある。いずれも人気は衰え知らずで、それどころかさらに盛り上がってきた感すらある。ガチなランクルファンからは反感を買いそうだが、昨今のアウトドアブームの影響もあり「角張った昔のランクルに乗ってアウトドアを楽しみたい」というライトユーザーの支持がジワジワ増えているからだ。70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 そこで今回は、ビギナーが初めてランクル70を買うなら旧70と再販70のどっちを選ぶべきなのか? それぞれのメリット・デメリットは? といったことを調査。クロカン四駆&アウトドアに強いカスタムショップ・C.D.Pシズオカの小倉代表に詳しく話を聞いた。小倉さんは100系→200系と乗り継いだ後、再販70に乗り換えたという経歴を持つ。

丸目でクラシカルな旧70と角目で今っぽい再販70

 まずは旧70と再販70の違いから。それぞれ設定されているボディタイプが異なる。消防車両や海外向けにはロングやスーパーロングなどもあるが、国内で一般向けに販売されたものは以下の通り。

【旧70系 1984年~2004年】※()内は型式
・2ドアショート(70/71)
・2ドアミドル(73/74)
・4ドアセミロング(76/77)

【再販70 2014年~2015年】
・4ドアセミロング(76)
・ダブルキャブピックアップ(79)

 いずれも旧70はディーゼル、再販70はガソリン(ハイオク)仕様というのが大きな違い。またサスペンションはいずれも前後リジッドアクスル式になるが、スプリングについては、旧70の前期(~1999年)は前後ともリーフ。旧70の後期と再販70はフロントがコイルでリアがリーフという組み合わせになっている。

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

「ルックスも異なります。旧70のフロントマスクは、四角い枠の中に丸目のヘッドライトとグリルが収まるコンパクトなデザイン。フロントバンパーやフロントフェンダーの形状は40ランクルの流れを汲んでおり、いかにも昔の四駆らしい無骨な雰囲気があります」と小倉さん。

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

「一方で再販70はヘッドライトが角目の横長タイプ。エンジンサイズの関係でコーナーいっぱいまで広げられており、ワイド感が出ています。それに伴ってグリルも力強く大型化され、クラシカルな旧70に比べると今っぽい印象になりました。顔だけ見るとまるで別のクルマです」。

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 その他、再販70は旧70には装備されていなかったABSが付き、SRSエアバッグも標準装備になる。また旧70には5速マニュアル/4速オートマがあったが、再販70は5速マニュアルのみ、といった違いもある。

 一つ注意点を挙げておくと、再販70は2014年/2015年式になるが、同年代の国産車のように安全装備は充実していない。上記のABSとエアバッグがせいぜいで、トラクションコントロールや横滑り防止装置はないし、当然自動ブレーキも搭載されていない。

70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 ちなみにランクル70の派生モデルとして、「ライト系」と呼ばれるランクル70ワゴン(1984年~1990年)と、その後継の70プラド(1990年~1996年)がある。ランクル70はすべて貨物車登録(1または4ナンバー)なのに対し、70ワゴン/70プラドは基本的に乗用登録(3ナンバー)となる。70系ランドクルーザーの旧型と再販モデルの比較画像はこちら

 サスペンションは日常使いを考慮して前後コイルスプリング式となり、エンジンもガソリン/ディーゼルの両方を設定。ボディは2ドアショート(71)と4ドアセミロング(78)が用意された。70ワゴンはかなりレアなので探すのも難しいが、70プラドは大ヒットしたので中古車流通量も比較的多く、人気も高い。

画像ギャラリー