「ベンベ」「アーマーゲー」って若者には意味不明! 呼び方ひとつでオヤジ度がわかる「クルマ死語」5選 (1/2ページ)

「ベンベ」「アーマーゲー」って若者には意味不明! 呼び方ひとつでオヤジ度がわかる「クルマ死語」5選

現地の発音や漫画の影響で変わったものも

 BMWを「ベンベ」と読んでいたことは30代以下の若者の皆さんには初耳かもしれないが、メルセデスのチューニング・ブランドのAMGを「アーマーゲー」と読む人が今なおいることはご存じかもしれない。ドイツ語と英語という言語の違いなのか? それともいわゆる“和製英語”による間違った呼び方が修正されたのか?

BMW=ベンベ

 BMWが「ビーエムダブリュー」という英語読みに統一されたのは、どうやら1981年のことだと思われる。それまでの日本への輸入代理店だったバルコムを吸収して、BMWジャパンが設立されたタイミングからのようだ。もちろん、日本法人の正式な会社名も「ビー・エム・ダブリュー株式会社」だ。

【関連記事】絶対失敗したくない「ホイール」選び! インチアップの「メリット」「デメリット」をおさらい

読み方が変わったクルマ用語5選画像はこちら

 それまではドイツ語の発音に近い「ベンベ」あるいは「ベーンヴェー」というような表記も珍しくなかったし、しばらくはあえてドイツ語読みしていたファンも少なくなかったと記憶している。それでも20世紀のうちに「ビーエムダブリュー」はすっかり定着し、逆に「ビーエム」という略称でも通じるようになってきた。読み方が変わったクルマ用語5選画像はこちら

AMG=アーマーゲー

 同じくドイツ語での読み方が先に定着していたのに、メルセデス・ベンツのチューニング・ブランドとして有名なAMGがある。現在のAMGはダイムラーの傘下に入っており、読み方は英語で「エーエムジー(厳密にはエイエムジーのほうが発音的には正解かもだが)」に統一されているが、じつはドイツ語っぽい「アーマーゲー」だと信じている人が未だ少なくないようだ。AMGそのものについては、5月11日に本サイトで妻谷裕二氏がリポートしているので、ぜひご覧いただきたい。読み方が変わったクルマ用語5選画像はこちら

 さて、先ほど“ぽい”と書いたのには理由があって、じつは「アーエムゲー」というのが正しいドイツ語読み。これは楠みちはる氏が1986年から連載を開始した人気漫画『シャコタン☆ブギ』の中で、登場人物が
AMG560SEC6.0-4Vのことを呼ぶときに「アーマーゲー」と言っていたことが、そのまま広まったという説が有力。

 さらに当時、AMGチューンのクルマが並行輸入業者の間で「アーマーゲー」と呼ばれて、広告にもその名で登場させていたことも伏線としてあるらしい。人気漫画の影響力、まさに恐るべしだ。読み方が変わったクルマ用語5選画像はこちら

ティレル=タイレル

 さて次は、1970年から1998年まで活動を続けたF1の名門チーム、TYRRELLをどう読むかという問題。1971年と1973年にジャッキー・スチュアートがチャンピオンを獲得し、1976年には前輪がダブルの6輪車「P34」を登場させた頃は「タイレル」と呼ばれていた。これについては、F1解説者の小倉茂徳氏が「当時はアメリカ英語的な読み方の影響力が強かったせいでしょう。イギリスのチームなので、やはり“ティレル
”が正しいということで修正されたのだと思います」と分析している。読み方が変わったクルマ用語5選画像はこちら

 その後、1980年代半ばには「ティレル」という読み方がすっかり定着。1990年には中島悟がジャン・アレジとともに参戦し、その後も片山右京や高木虎之介も在籍。日本人ドライバーとも縁が深いチームとなったが、1998年を最後に撤退を余儀なくされた。ちなみに後を継いだチームの「BAR」でも、のちに佐藤琢磨が大活躍している。

画像ギャラリー