ヘッドライトをイジるなら「HID」か「LED」か? 車検に通るカスタムの限界とは (1/2ページ)

ヘッドライトをイジるなら「HID」か「LED」か? 車検に通るカスタムの限界とは

ヘッドライトバルブ交換時に気を付けたいこと

 視力が弱く、暗い夜道が苦手という人は結構多い。純正ヘッドライトがハロゲンバルブの車両では、HIDやLEDに比べて光量的にも見劣りするのでなおさらだ。そんな悩みを解消するには、ハロゲンバルブをHIDやLEDのバルブにコンバージョンするのがオススメ。

【関連記事】データシステムから「ジムニー/ジムニーシエラ用フロントグリル」新発売! 広角カメラ内蔵版も用意

ヘッドライトを明るくできるLEDコンバージョンキット単品画像はこちら

 ドレスアップ的にも純白に輝くヘッドライトは、ナイトドライブを盛り上げてくれる要素になる。純正でHIDを採用する車両でも、ドレスアップ的には青白く輝く高ケルビンのバルブに変更するのは魅力的なカスタムといえる。

黄色いヘッドライトは現行車だとNG

 ヘッドライトバルブを交換する際、注意しなければならないのは車検対応の可否だ。色目については平成18年以降に製造されたクルマは白色が前提となっており、イエローバルブはNG。明るいLEDヘッドライトバルブはドレスアップ性も高い画像はこちら

 ちなみに平成17年以前のクルマであれば、左右&ロー/ハイ共通色であれば白色でもイエローバルブでも装着は可能となる。旧世代の車両は黄色いヘッドライトでも車検に通る画像はこちら

 フォグランプについてこの規定は関係ないので、平成18年以降のクルマでどうしてもイエローバルブを装着したいなら、フォグライトで実践するというのはアリだ。フォグライトは年式に関係なくイエローバルブを使用してOK画像はこちら

画像ギャラリー