クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「ガリ傷だらけ」「偽ブランド品」などハズレで泣く人も! ネットの中古ホイール選びの「ワナ」と回避法
CUSTOM
share:

「ガリ傷だらけ」「偽ブランド品」などハズレで泣く人も! ネットの中古ホイール選びの「ワナ」と回避法

投稿日:

TEXT: 藤田竜太 PHOTO: 嘉衛門,Auto Messe Web編集部

いい中古ホイールを探したい方のために

 自動車の各種パーツも中古パーツが探しやすくなってきて、とくに大物のホイールなどはリーズナブルな価格で、お気に入りの製品が買えるということで人気がある。安くていいものを購入できればベストだが、じつはアルミホイールも消耗品。長年使えば歪みや曲がり、クラックや腐食などの問題も出てくる。

 どうすればハズレを引かずに、かつ程度のよい中古ホイールを入手することができるのか。タイヤ・ホイールの専門店で、中古品の売買にも力を入れている嘉衛門 保土ケ谷店の清水店長に中古ホイールを購入する際の注意点を聞いてみた。

できれば実物の視認確認がいい

「ネットオークションやフリマアプリには、安価で幅広く商品が検索できるというメリットがありますが、一方で中古ホイールに関しては、トラブルも多いのが現状です」

「というのも、中古の場合、ネット上の写真だけでホイールの歪みを見抜くのは難しく、取引後に装着して走行してから、走行時のハンドルのブレや、ホイールの歪みにより生じているエアー漏れなどに気づく、というケースがあるからです」

「また、クラック(割れ)は、歪みと違い亀裂や修復跡を目で見て確認できることがあります。
軽微だと思い放置するとエアー漏れや局部に亀裂が生じ、進行するとホイールが破壊され深刻な事態に繋がり人命にかかわることになります。クラック修理が可能なショップもあり、購入前にホイールの状態を確認することがとても重要です。
さらに、正規品と偽ったフェイク品(模造品)のホイールも多数存在しています」。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS