中古価格は1000万円オーバー! 10分で完売した「シビック無限RR」は採算度外視の本気すぎるマシン (1/2ページ)

中古価格は1000万円オーバー! 10分で完売した「シビック無限RR」は採算度外視の本気すぎるマシン

採算度外視で作られたコンプリートマシン

 無限と言えばホンダと切っても切れない間柄のブランドであり、その知名度は群を抜いて高い。そんな無限が初めてコンプリートカーとしてリリースしたのが、2007年9月にリリースした「シビック無限RR(ダブルアール)」である。

 それまでホンダ車用のさまざまなパーツをリリースしてきた無限ではあったが、実はそれまでコンプリートカーという形でリリースした車両はなく、当時のプレスリリースには「無限の夢」とまで書かれたのがコンプリートカーの販売だったのだ。

 FD2型シビックタイプRをベースとして造られた無限RRは、300台限定で477万7500円という価格でありながら(ベースのタイプRは283万5000円)発売開始から10分足らずで完売し、現在では1000万円オーバーの価格で取引されているという幻のコンプリートカーとなっている。無限RRのリアビュー

コンセプトモデルはスーパーチャージャーを装着

 無限RRのミラノレッドのボディや7本スポークの18インチアルミホイール、ディフューザー形状のリアバンパーなどの意匠を見て、過去の無限のコンセプトカーを思い出した人はなかなかのマニアのはず。実はこの無限RRが登場する以前の2006年に「シビック ドミネーターコンセプト」という真紅のボディカラーをまとったモデルが東京オートサロンに展示されていたのだ。2006年のオートサロンに出品されたシビック ドミネーターコンセプト

 2006年はまだタイプRが登場する前のタイミングであったが、シビックセダンをベースに、K20A型エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせて300PSを発生する心臓部に6速MTを組み合わせ、225/40R18サイズのタイヤと専用サスペンションで路面を捉えるという点など、無限RRとの共通点は多かったのである(無限RRはNAエンジンだが)。K20A型エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせたシビック ドミネーターコンセプト

2リッターNAエンジンから240馬力を発揮

 そこまで詳しくない人にしてみれば、“シビックタイプRを赤く塗ってエアロパーツを付けただけのモデル“に見えてしまうかもしれない無限RRではあるが、当然ながら大小さまざまな部分に手が加えられている。筑波サーキットを走る無限RR

 まずは心臓部であるエンジンであるが、カムプロフィールを専用とし、ラム圧をかせぐダクトレイアウトと大容量エアボックスを備えたインテークシステム、レイアウト最適化を狙ったエキゾーストマニホールドと低排圧を達成するデュアルエキゾーストシステムを与えることで、+15PSの出力向上を果たしNA2リッターながら240PSを発生。シビック無限RR

 足まわりには専用の減衰力5段調整式ダンパーと、ブリヂストンと共同開発した専用タイヤ「ポテンザRE070 RRスペック」に専用鍛造アルミホイールが組み合わされる。減衰力を調整式とすることで、サーキットアタックはもちろん乗り心地などの快適性との両立を果たした。足回りには専用の減衰力5段調整式ダンパーを備え付けたシビック無限RR

 ブレーキはノーマルタイプRも採用するブレンボをベースに、逆ベンチ構造のフロントブレーキローターやスリット構造、スポーツブレーキパッドを組み込み、ブレーキホースも低膨張率のステンメッシュに変更するなど抜かりがない。シビック無限RRに採用されているBrembo社製アルミ対向4ポットキャリパー

画像ギャラリー