「ホイールのみ」やあえての「レス」も! いまジムニーの「背面タイヤ」カスタムが激熱だった (1/2ページ)

「ホイールのみ」やあえての「レス」も! いまジムニーの「背面タイヤ」カスタムが激熱だった

がっつりイジらない人でも遊べるスペアタイヤのアレンジ

 JB64ジムニー&74シエラのスペアタイヤはリアゲートに付いていて、その見せ方で個性をアピールしている人が多数いる。「ボディキットのようなハードなカスタムまではちょっと……」というユーザーにも取っ付き易いのも人気の理由だ。そこで今回、4つのシチュエーションに分けてそのアレンジ方法を紹介していく。

1)純正スペアタイヤを生かす見せ方

◆純正カバーにデカールを貼る

 ジムニー&シエラの純正スペアタイヤハーフカバーをそのまま使う方法。実はスズキの純正オプション(アクセサリー)でも6種類のデカールが用意されていて、車両購入に合わせてオーダーする人が比較的多いパーツ。スズキ純正オプションのカッティングを付けたジムニーのスペアタイヤ

 純正オプションは貼られた状態で納車されるのが通常で、自ら貼り付け作業をしなくていいのが魅力だが、人と被る可能性は高い。実はハーフカバーに合わせた形でデザインされた社外品も出ているので、それを貼るのもアリだし、お気に入りのアウトドア&アパレルメーカーのステッカーを貼るのもいまトレンドだ。社外ステッカーを貼り付けたジムニーのスペアタイヤ

◆タイヤカバーを付ける(ソフトカバー編)

 デカールに次いでやりやすいのがカバーの装着。タイヤ保護の観点からも付けて悪い事は何もないし、こちらも純正アクセサリーの設定があるほど定番。
シーエルリンクのJB64ジムニーのリアビュー

 ただ編集部としてはアフターパーツのそれを推したい。その一番の理由がデザイン。実は各メーカーから実に様々なデザイン(絵柄)が出されていて、素材も純正アクセサリーのそれよりこだわっているものが多数。オリジナルスペアタイヤカバーを装着したピストンのデモカー

 最近はアウトドアの流行を意識した絵柄や書体で構成されたものが多いが「スコップやタンクが付いている風」など、遊びゴコロを効かせたデザインも出回っている。

 ちなみに何でスコップかだが、本格的なクロカンを楽しむ人だと悪路脱出時などにスコップが必須で、それをスペアタイアに付けている人もいる。そのライト(?)版という考とのこと。オリジナルタイヤカバーを装着したKLCのJB64ジムニー

◆タイヤカバーを付ける(ハードカバー編)

 上のソフトタイプのハードカバー版。ハードカバーになると途端にスパルタンな印象になるため、シティ系SUVスタイルを狙うならこちらが◎。ハードタイプのスペアタイヤカバーを装着したエアロオーバー2台

 先代の23ジムニーではランドベンチャーにハードカバー付きの設定があったが、JB64/74用は執筆時点ではなく、選択肢は社外品から選ぶしかない。例えば「リバティウォーク」や「エアロオーバー」など、現行型から新規参入したエアロパーツメーカーから出ている事が多いようなのでチェックしてみるといいだろう。リバティウォークのボディキットを装着したジムニー

2)社外のタイヤ&ホイールに交換

 ジムニーは社外タイヤ&ホイールへの交換比率が高い。交換したとなれば、やはりスペアタイヤも同じモノを付けたくなるもの。実際、ジムニー用のタイヤは「5本セット(=スペアタイヤ装着も想定)」でネット販売されていることもザラ。

 さらに、いま注目されている「ホワイトレター(文字が白い)タイヤ」にすれば、アイキャッチとして高い効果が期待できる。実はジムニーにホワイトレタータイヤを合わせるスタイルは先代まではさほどメジャーではなかったが、現行になって「BFグッドリッチ」の需要が激増。それを見たトーヨータイヤからジムニー用サイズの「オープンカントリーR/T」がリリースされ、ますます注目のアイテムになっている状況。社外ホイールとタイヤをスペアタイヤとしても装着しているジムニー

 ただし64ジムニーの場合、タイヤが太くなるとそのままでは付かないので「ブラケット」と呼ばれるタイヤの固定機具の交換(もしくはパーツの追加)が必須。というのが、(サイズにもよるが)スペアタイヤを外して純正よりも太いタイヤを付けようとしても、タイヤがゲートに当たってハブボルトに固定できないためだ。ジムニー用スペアタイヤブラケットにタイヤを装着使用としているところ

 やり方は色々あるが、定番の解決法はシエラ用のスペアタイヤブラケットへの交換。ただシエラは何ら問題はないが、ジムニーの場合はシエラ用ブラケットのままでは車検不可なのが痛い。シエラ用ブラケットをジムニーに装着

画像ギャラリー