手軽なレンタルも増えているが要注意! キャンピングカーで「危ないめ」に合わない運転とは (2/3ページ)

③ボディの幅や長さに気をつけたい

 これは、見た目にも普通車よりもデカイのは、お分かりだと思います。「キャンピングカーは大型免許が必要なんでしょ?」と質問される事があるくらいです。フルコン(フルコンバージョン・キャンピングカー)などの大型車でなければ、普通免許でも運転できますが、やはりイメージ的にも普通車の倍以上のボリュームがあります。

 幅の狭い道路の通行や、狭い駐車場での取り回しなども慣れないと苦労します。特に気をつけないといけないのは高さです。そもそも、人間の視野は、水平方向は広いですが、縦方向は狭く特に上方向は苦手です。背の高い人が良くオデコとかぶつけるのはこの為です。幅の狭い道路や、狭い駐車場での取り回しなども慣れないと苦労をする画像はこちら

 キャンピングカーもつい高さを忘れてルーフ部をぶつけるという事故がありますが、これも馴れです、常日頃から上方向に気をつけるクセをつけましょう。それと、危なそうだったら、無理をしないというのも重要な基本原則です。

④重量バランスも考慮したい

 ハッキリ言いましょう。キャンピングカーは確実に普通車よりも重いです。荷物満載のトラックみたいなものです。標準装備ですら充分に思いのですから、これに家族が乗り、荷物を更に積んだら、乗り物界の横綱級です。

 特に、キャンピングカーは荷物の積み過ぎには要注意です。中には、自転車からカヤック、薪ストーブから大型ロッジテントまで、一切合財、それも常に積んでいる方もいますが、これは自殺行為です。キャンピングカーもダイエットや断捨離が必要です。積み替えが面倒くさいかもしれないが過積載はクルマを傷める原因にもなる画像はこちら

 少なくとも、夏装備と冬装備の入れ替え位は心がけて、なるべく積み過ぎにならないようにしないと危険です。更に、最近、心配されているのがタイヤのバーストです。タイヤというのは、あの車体を支えているので頑丈そうですが、意外とセンシティブです。結構、日頃から無理をしているので、経年変化には気をつけないといけません。重いボディを支えているタイヤはこまめに状態をチェックしておきたい画像はこちら

 傷などあったら、即新しいタイヤに交換です。よく「まだタイヤの溝があるから大丈夫」とか言う方がいますが、タイヤは置いておくだけでも紫外線などで劣化します。週末しか乗らないというのもタイヤの変形につながります。いつも重たいキャンピングカーを支えているタイヤは、たとえ十分な溝があっても4年位で交換するのが良いとされています。キャンピングカーのタイヤは4年に1度、交換を行いたい画像はこちら

画像ギャラリー