ダイハツ・エッセだけのワンメイクレース! ウェット路面のヒルクライムを攻めまくる【AJEC】 (1/2ページ)

ダイハツ・エッセだけのワンメイクレース! ウェット路面のヒルクライムを攻めまくる【AJEC】

今大会はエッセによるヒルクライムレース

 10月10日(土)、台風14号が接近する中、長野県木曽郡の山中で「ALL JAPAN ESSE CUP(AJEC)」の第3戦&第4戦が開催となった。今シーズンからスタートした「AJEC」はダイハツ・エッセを使用したワンメイク・シリーズで、1大会で2戦ずつ、3大会6戦で行われる日本一のダイハツ・メッセ乗りを決めるシリーズだ。長野県木曽郡の山中に集合したダイハツ・エッセ

 6月に恵那笠置山モーターパーク(岐阜県恵那市)で開催となった第1戦&第2戦は、ジムカーナでの競技となったが、今回はヒルクライムでの競技となる。ちなみに第5戦&第6戦は、11月28日(土)にモーターランド鈴鹿サーキットでのサーキットトライアルとなる。AJECはこの3種類の競技を通し、各ラウンドのポイントでシリーズを争うこととなる。

 ダイハツ・エッセは、6代目ミラをベースとした5ドアハッチモデルで、2005年から2011年まで販売されたモデル。シンプルでリーズナブルな実用車として企画された車両だが、ボディが軽量(車重は700kg)で、8000回転まで軽快に回る3気筒12バルブKF-VE型エンジン(最高出力58ps/最大トルク65N・m)という組み合わせで軽快な走りができる一台。いまなお人気のモデルでもある。

峠道の行きと帰りで1戦ずつ行う

 前回の恵那でのラウンドは11台15名のエントリーだったが、今回のヒルクライムでは17台にエントリー台数も増えた。さらに今回はエッセカップの観戦で来場者もあり、盛り上がりを見せる。第3戦&第4戦のコースは、ひとつの峠道を行きと帰りで第3戦と第4戦のコースに設定されている。コースは山中にある道幅の細い林道でガードレールもないところが多い。

 コースを行って帰ってくることで2戦分を走行するため、この2戦は走行を続けて行うこととなる。基本はヒルクライムということで登りが中心だが、3戦と4戦で一部オーバーラップする区間があり、下り区間も存在する、というもの。AJECはワンデーイベントで、午前に2回の練習フリー走行。その後、決勝2本を走行してその計測2本のうちのベストタイムで順位を決めることとなる。山中を駆け巡るダイハツエッセ

 練習走行は当日朝9時半からスタート。台風の影響で活発化した秋雨前線のため、会場周辺は前日から強い雨に見舞われており、山のところどころから出た水がコース上を川のように流れているなか、各車はマシンのチェック。そしてコースの確認をして行く。台風直後ということもあり、水たまりが多くできていたエッセカップ

 今回は行き帰りで2戦分のタイムが計測されるため、行きの第3戦のコースで無理をしてマシンを壊すと第4戦を落とすことにもなりかねず、というところも見極めなければならない難しさもあった。

画像ギャラリー