バカ売れ軽自動車のホンダN-BOXは「福祉車両」でも凄かった!

バカ売れ軽自動車のホンダN-BOXは「福祉車両」でも凄かった!

標準車でスロープ仕様を用意

 福祉車両の中でも車いすのまま乗車可能なスロープ付きは特装扱いであることが多い。そのため納期がかかったり、またバンパーに切れ目が追加されていたりして、日常使いでも車椅子仕様であることが感じられる。

 福祉タクシーなどでは、そうしたわかりやすい外観はプラスに働くこともあるが、車いすの家族がいて、ファミリーカーとして車いす仕様の福祉車両を購入しようというときには、そうした特別感はノーサンキューと感じてしまう人もいるのではないだろうか。日常使いでは“普通のクルマ”に見えることを求めたくなる。2018年の大阪で行われた福祉展示会のホンダブース

 そうしたマインドのユーザーにおすすめできる軽自動車の車いす仕様といえば、ホンダN-BOXスロープ仕様で決まりだ。もともとフルモデルチェンジ前にN-BOX+といってラゲッジが低床になったバリエーションを用意していたが、その流れを汲んだ現行N-BOXのスロープ仕様はテールゲートがロングタイプになっているくらいで、ことさらに車いす仕様であることをアピールする外観ではない。だからこそ自宅の駐車場に置いても違和感がないのだ。2019年4月に追加されたホンダN−BOXの福祉車両

車いす乗車時は定員3名仕様

 通常時は4名乗車のN-BOXスロープ仕様だが、車いすの乗員を乗せる際にはリアシートを格納する必要があるので、乗車定員は3名に減ってしまう点は注意が必要だ。もっとも後席のちょっと後ろぐらいに座るカタチとなるので、シートベルト着用の作業などではスライドドアを開けてアクセスできるのは便利といえる。ホンダN−BOXには車いすを乗せられるスロープ仕様のみ設定されている

 さらに折りたたみ式のスロープも車両開発の初期段階から設計されたものだからフィッティングも上々なうえ、スロープ格納時にはラゲッジのフロア面となるので、普段使いでの十分にN-BOXに期待する積載性を確保しているのはうれしいポイント。車椅子を乗せやすいよう電動ウインチ(リモコン付き)も装備されているのは当然だ。ホンダN-BOXの福祉車両は車椅子を乗せやすいよう電動ウインチ(リモコン付き)も装備されている

 また、車いす乗員用の手すりは可動式で、後席使用時にはラゲッジ側に動かすことで邪魔にならないよう工夫されている。一方で、壁面にドリンクホルダーを用意するなど、車いす乗員への心遣いも万全だ。車椅子の横にセットされたドリンクホルダー

ボディカラーも豊富に用意されている

 ボディカラーの設定も豊富で、標準車では2トーン仕様も含めて12色が用意されている。いかついフロントマスクのカスタム版も設定されているが、こちらのボディカラーは全8色だ。標準モデル以外にもカスタムも設定がなされている

 使い勝手においては妥協せず、それでいて業務風の福祉車両とは一線を画したパーソナル感がN-BOXスロープ仕様の魅力といえる。

 パワートレインについては、NAエンジンとターボエンジンを設定。駆動方式もFFと4WDがあるので降雪地域でも選びやすい。そして、ホンダの先進安全機能&運転支援システムである「ホンダセンシング」が標準装備となっているのも福祉車両だからこそ安心感につながる。エンジンはターボと自然吸気(NA)のどちらも設定がなされている

 ますます高齢化が進む日本。家族や同居人が車椅子を利用するようになって、パーソナルユースとして福祉車両の購入を検討している人も多いことだろう。その際に重要なのは、介護シーンでの使いやすさは大前提として、それ以外の日常シーンにおいてガマンを感じなくて済むこと。そうした視点から見ると、N-BOXスロープ仕様は軽自動車の福祉車両としては、かなり配慮してあるし、優秀な出来といえるだろう。

画像ギャラリー