低ければ「乗り降りしやすい」は間違い! 高齢者に本当に「優しい」クルマ選びとは (1/5ページ)

低ければ「乗り降りしやすい」は間違い! 高齢者に本当に「優しい」クルマ選びとは

腰の高さにシートがあり段差の少ないクルマがベスト

 某自動車保険のTV CMじゃないが、高齢の両親や祖父母を、自身が子供の頃、ドライブに連れて行ってくれた恩返し!? として、ドライブに連れて行ってあげたいと思うのは当然だ。

 人間は高齢になると足腰が弱くなり、80歳ともなれば、一般的な男性の場合、20歳時に比べて上肢筋肉量16.4%減(3.0%減)、下肢筋肉量30.9%減(28.5%減)、体幹部筋肉量5.7%(1%増)、全身筋肉量16.8%減(11.0%減)というデータ(カッコ内は女性)もあるほどで、加齢による下半身の筋肉量が減少し、一見元気でも足腰が弱くなり、クルマの乗り降りは大変になってくるものだ。加齢による下半身の筋肉量が減少し、乗り降りが大変になる。

 そこで、高齢者のいる家庭で買うべきクルマの候補として考えられるのが、足腰が弱くなっても乗り降りしやすいクルマということになるのだが、ここでちょっとした誤解があるかもしれない。つまり、シート位置が低いほうがよい、という考え方だ。高齢者にはシート位置が低いほうがよい

 たしかに、一部SUVや4WDミニバンのように、多くの人が”よじ登る”ような乗降性のクルマだと、それはもう、高齢者向きとはいえない。基本的には、足を持ち上げ量ができるだけ少なくて済むステップの低さ(ノンステップバスの地上30cmが基準)、乗り込む際に足を運びやすいよう(つまずかないように)、ステップとフロアに段差がないこと(掃き出しフロア)、アシストグリップが適切な位置にあることなどが重要だ。地上からステップの高さまでは極力低い方が良い

 その上で、シート位置は地上、フロアに対して低すぎても、実は乗降時に腰の移動量が大きくなり、大変なのである。よって、シートの位置は、地上高では高齢者それぞれの腰の位置(身長差がある)に対して、できるだけ高低差のない車種を選び、またフロアに対しては、椅子のように高めにセットされたクルマを選ぶといい。フロアは、椅子のように高めにセットされたクルマを選ぶといい

 フロアに対してシートが高いと、乗り降りしにくいんじゃない? と思うかもしれないが、ローソファとダイニングテーブルの椅子で、どちらが立ち上がりやすいかを思い起こせば、理由が分かるはず。もっと言えば、後席は足を引ける(シート下に空間がある)と、より立ち上がりやすいのである。後席は足を引ける空間があると立ち上がりやすい

 これもソファに座り、足を投げ出した状態で立ち上がってみれば分かる。健常者でもまず、立ち上がれないはず。立ち上がる際は、自然と足を引いているのだ。加えて誰もが想像できるように、後席の乗降性では、セダンやワゴン、SUVで一般的なヒンジ式ドアより、自動でも開く、開閉に力の要らないパワースライドドアが圧倒的に有利であることもお忘れなく。

 ここからは、そんな条件の多くを満たすクルマを、ジャンル別の一例として紹介したい。

画像ギャラリー