福祉車両の「車検」は優遇どころか厳しめ! 事前に押さえておきたい注意点とは (1/2ページ)

福祉車両の「車検」は優遇どころか厳しめ! 事前に押さえておきたい注意点とは

8ナンバー福祉車両ならでは注意点とは

 近年急速にその数を増やし、一般ユーザーの利用も多くなっている福祉車両。車いす利用のスロープやリフトなどを備えた仕様では「8ナンバー」登録となるのだが(装備や仕様によって5ナンバーまたは3ナンバーの福祉車両もある)、初めて購入するユーザーにとってはこの8ナンバーについて知らない人も多いだろう。そこで今回は通常の自家用車と異なる「8ナンバー福祉車両」の車検制度について見ていきたい。8ナンバー車両のナンバープレート画像はこちら

 取材をお願いしたのは福祉車両の販売やレンタカーを展開している「ユーイング」の中川さん。福祉車両の車検について話を聞いた。

8ナンバー車は初回車検が2年

 まずは普通乗用車との違いから確認しよう。

「大きく異なるのは新車購入した場合の車検期間です。普通車だと初回車検は新車登録から3年ですが、8ナンバーの福祉車両は2年になるという点です(5ナンバーや3ナンバーの福祉車両は通常どおり初回車検は新車登録から3年)。そのほかの基本的な車検手順はほぼ普通車と同じと思って良いでしょう」普通車だと初回車検は新車登録から3年だが、8ナンバーの福祉車両は2年になる画像はこちら

 新車で福祉車両を購入したユーザーは初回車検が「2年」だということを覚えておこう。詳しい経緯は不明だが制度上、初回車検は2年と定められている。普通乗用車に比べて付加的な設備も多く、その点が考慮されていると考えられる。車検場の検査レーン入口画像はこちら

 さらに福祉車両は乗り換えるサイクルも長くなりがちだ。そこで気になるのが、いわゆる“13年問題”。新車登録から13年目を過ぎると重量税が高くなる(8ナンバー福祉車両の場合、自動車税は初年度から減免)といった制度だ。これも普通車と同じく福祉車両にも適用されるので、車歴が長くなっている場合は気に留めておきたい。新車登録から13年目を過ぎると重量税が高くなる画像はこちら

 また、クルマの各種費用や税金に関する補助金や助成制度についても教えてもらったが、重量税や車検に掛かる費用は普通車と同様で車検に関する助成制度も設けられていない。福祉車両といえども車検においては普通車と同じ費用が掛かるようだ。

画像ギャラリー