ハードルの高さは「ゴルフ」を始めるのと同等! 意外なほど共通点だらけの「サーキット走行」と「ゴルフ」 (1/2ページ)

ハードルの高さは「ゴルフ」を始めるのと同等! 意外なほど共通点だらけの「サーキット走行」と「ゴルフ」

サーキットを走る費用っていくら? ゴルフと比較して解説

 最近になってよく「多様化」という言葉を聞く。さまざまな分野で聞かれるキーワードなのだが、そのひとつがレジャーや趣味における多様化。少し前に比べて、週末の過ごし方もだいぶ様変わりしてきた。

 レジャーの種類を挙げるとキリはないが、すぐに思い浮かぶのが、ドライブや旅行、キャンプなどのアウトドア系、野球やサッカーなどのプロスポーツ観戦、最近ではフィットネス通いやD.I.Y(日曜大工)、ネットゲームも人気だ。そして、ジョギング、テニス、ゴルフは自分のカラダを動かして汗を流すという意味では、昔から押しも押されもせぬ、定番スポーツになっている。

【関連記事】安全はケチるな! サーキットを走るなら「ド素人」でもFIA公認ギアを選ぶべき理由

サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 そのスポーツレジャーも多様化するなかで、昨今のスポーツカーブームに後押しされ、週末になれば愛車をサーキットに持ち込み、スポーツドライビングを楽しむ人が徐々に増えてきているのをご存知だろうか? とはいえ、日本国内ではようやくメジャー化してきた兆しはあるが、ヨーロッパやアメリカのモータースポーツカルチャーと比べれば、まだまだそれには及ばないのが現状だろう。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 サーキットを走ってみたいけれど……、「いったい、どうすればサーキットを走ることができるの?」「サーキットを走るにはどれぐらいの費用がかかるの?」など、入り口で行き詰まっている人も多そうだ。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 そこで今回は、趣味やレジャーという括りで、サーキット(モータースポーツ)をもっと身近に感じてもらうために、大人のスポーツとして例えるならこれ以上ない“ゴルフ”と比較して解説してみることにした。モータースポーツもゴルフも、元来は『紳士のスポーツ』と呼ばれているところも、両者を引き合わせるのにちょうどイイかもしれない。

道具をそろえ、練習を重ねてコースに出る

 サーキットでのスポーツドライビングやモータースポーツというと、すごく特別なことと思われがちだが、見出しにある通り、サーキットもゴルフも「道具をそろえ、腕を磨いて、コースに出る」という過程においてはどちらもまったく同じと考えていいだろう。決して難しくなく、意外にもカンタンなのだ。

 以下に比較ポイントを箇条書きにしてみた。

【道具をそろえる】
◆ゴルフ:ゴルフクラブ、ボール、グローブ、シューズ、ウェア
◆サーキット:車両を整備(メンテ)する、ヘルメット、レーシンググローブ

【腕を磨く】
◆ゴルフ:ショートコース、打ちっ放し、レッスン
◆サーキット:ショート(ミニ)サーキット、シミュレーター、ドライビングレッスン

【コースに出る】
◆ゴルフ:ゴルフ会員権(メンバーになる)、ラウンドデビュー
◆サーキット:ライセンスを取得、サーキット(レース)デビュー

 サーキットもゴルフもすべてが同じように例えられるわけではないが、ここにざっと挙げただけでも、互いに似たような説明がつけられることがお分かりいただけるたはず。モータースポーツを一般的な“ゴルフ”に例えてみたら、「あぁ~そうだったのか!」的な発見がきっとあるだろう。

『道具』の比較では、まったくゼロからゴルフを始める場合には、最低限ゴルフクラブとゴルフボールを準備しなくてはどうにもならない。同じように、サーキットではドライバーの安全を守るために、ヘルメット、レーシンググローブを着用しなくてはならないというルールがある。そして、サーキットを走るにはもちろん、クルマ(愛車)がいるのだが、サーキット用にチューンナップする必要はナシ。意外かもしれないが、ちゃんと整備されていれば、フルノーマル車両であっても走行OKというサーキットがほどんど。

【関連記事】安全はケチるな! サーキットを走るなら「ド素人」でもFIA公認ギアを選ぶべき理由

サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 むしろ、いまどきのスポーツカーは純正のままでも高性能に仕上げられているので、新車から何もイジっていなくても十分にサーキットでのスポーツドライビングを楽しむことができる。そういう意味では、適正なエンジンオイル交換、タイヤのコンディションチェック、ブレーキパッドの残量チェックなどがきちんとおこなわれていれば、それ以上にお金をかける必要もないということ。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 ちなみにドライバーの装備面では、先述したヘルメットとレーシンググローブ以外では、長袖&長ズボン、スニーカーを着用しなければならないが、これはタダ同然と言えるだろう。公式戦ではレーシングスーツなどを着用する義務はあるが、ひとまず、ここはスルーで問題ない。ウェアに言及すると、ゴルフのほうが紳士度が高めなので、着るものにもお金はかかる。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 次に『腕を磨く』の比較。ゴルフの練習といえば、とにかく打ちっ放しのイメージが強い。さらにはゴルフスクールも各地にたくさんあるし、上手な先輩プレーヤーに教えてもらったり、ショートコースで経験を積むことも重要だ。これをサーキットに置き換えるとどうなるか? 大きな駐車場を利用した「広場練習会」や「ドライビングレッスン」も毎週末のようにどこかで開催されているし、ゴルフのショートコースと同じような位置づけで、「ミニサーキット」も全国各地に存在する。それからゴルフでは以前からレッスンに使われてきたバーチャル方式だが、レーシングシミュレーターでトレーニングする方法もとっても有効である。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 最後の比較は『コースに出る』というメインのイベント。ゴルフなら打ちっ放しやショートコースで力をつけ、本コースにていよいよラウンドデビューとなる。18ホールをまわってほかのプレーヤーとスコアを競うとなると、練習とはまた違った「緊張感」や「ゲーム」という楽しさを味わえるというもの。

 そのゴルフコースが会員制なら、ゴルフ場を利用するために会費を支払って会員になるのと同じく、鈴鹿サーキットや富士スピードウェイなど大きな国際サーキットの場合は、サーキットを走るためのサーキットライセンスなどを取得しなければならない。ちなみに、サーキットを走るだけなら、サーキットライセンスがあればオッケーだが、JAFの公式競技(レース)に出場する場合は、JAFが発給するドライバーズライセンスも必要になってくるので覚えておくといいだろう。サーキット走行するために必要なコストをゴルフを例に詳しく紹介画像はこちら

 これにてサーキットデビューの準備は完了。練習の成果を存分に活かして、日本一、いや、世界一のレーシングドライバーを目指す道も開かれたことになる。ゴルフならプロテストに合格し、世界ランキングに名前を連ねるようなゴルファーを目指すのと同じだ。

画像ギャラリー