「無意識のクセ」が故障の原因に! MT車乗りが「やってはいけない」サーキットでの操作 (1/2ページ)

「無意識のクセ」が故障の原因に! MT車乗りが「やってはいけない」サーキットでの操作

クルマを操作しているという味わいが深いMT車

 クルマを操る醍醐味を感じられるMT車。しかし操作をミスしたり何気ないクセが、意外なトラブルを引き起こす可能性もある。愛車を労わりつつサーキットを楽しむため、MT操作で注意すべきポイントを挙げてみよう。クルマを操っているようなMT車のサーキット走行画像はこちら

シフトミスでエンジンダメージも

 自動でシフトアップやシフトダウンしてくれるATと異なり、MTはクラッチを含めすべての操作をドライバーが行なう。つまり速さや楽しさといった魅力がある反面、失敗によるリスクも避けては通れないのだ。もっとも気を付けたいのは、シフトミスによるオーバーレブ。 シフトアップがシフトダウンになってしまうミスに注意画像はこちら

 例えば3速から4速にシフトアップするときを想像してみよう。真っ直ぐ下にシフトノブを動かすだけなので、失敗なんてしようがないと思うかもしれない。しかしサーキット走行で緊張しているせいで、シフト操作をする手に余計な力が入りすぎ、4速ではなく左斜め後ろの2速に入れてしまった、なんて失敗は割とよくある話だったりする。シフトミスによるオーバーレブに注意画像はこちら

 シフトアップ時ならレブリミッターが作動するため致命傷は避けられるが、シフトダウンはリミッターが効かないので一発でエンジンブローする可能性が高い。金銭的にも精神的にもダメージは甚大なので、街乗りと同じように優しいシフト操作を心がけよう。

クラッチペダルへの注意点

 もうひとつは操作というより運転のクセ。素早くギヤチェンジしたい気持ちが先走るのか、クラッチペダルに足を乗せっぱなしの人がいるという。この行為がダメな理由はふたつあり、まずはクラッチの摩耗が進むことだ。クラッチペダルには迅速に足を行き来させるべし画像はこちら

 本人が気付かないうちに半クラッチ状態になり、それが長く続けば続くほどクラッチ板は減っていく。もうひとつは左足で身体を支えられず、シフトノブを握る手に余計な力がかかり、冒頭にも挙げたシフトミスを誘発しやすいこと。クラッチペダルに足を留めずフットレストで体を安定させるべき画像はこちら

 またクラッチペダルに足を乗せっぱなしにしていると、レーシングシューズの左足だけソールが減りやすいという話も聞く。いずれにせよ百害あって一利なしのクセなので、意識してフットレストに左足を置くようにしたい。

画像ギャラリー