50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選 (1/2ページ)

50万円以下で買える!走りが楽しいモータースポーツベース車両8選

ドラテク磨きやモータスポーツ入門にオススメ

 スポーツカー市場に冬の時代が続いていて、新しいスポーツカーがなかなか登場してこない。そのため、旧世代スポーツカーの価値は下がらず、格安なモータースポーツ入門車、ドラテク練習車に適した中古車は、ある程度限られてくる。

 そうした中、入門者向きのできるだけ素直な性格で、パワーよりもシャシー性能優先、バランスに優れたお手頃モデルをピックアップ。タマによっては50万円以下で手に入るお買い得車両を紹介しよう。

ホンダ・フィットRS(GE8)

 ふた昔前の走り屋たちにとって最も身近なクルマは、ホンダシビックやトヨタ・カローラレビン・トレノに代表される、1.6リッタークラス。いわゆる”テンロク”だった。2代目フィットRSは、120馬力を発生する1.5リッターエンジンを搭載。パワーやサイズもかつてのテンロククラスで、車重も1050kgとまずまずの軽さだ。

 ボディもしっかりした個体が多く、後期型は6速MTも選べる。アフターパーツもわりと豊富で、中古車価格は45万円前後が相場。人気のホットハッチも身近に買える。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

モータースポーツ用ベース車両画像はこちら

 

マツダ・デミオ スポルト(DE型)

 欧州マーケットを意識した、新型プラットフォーム=マツダ・DEプラットフォームを採用した3代目デミオ。グレード「SPORT」は5速MTが用意され、専用チューンドサスペンションや専用ワイドタイヤ(195/45R16)、エアロパーツなどを標準装備し、ブレーキも大型化されている。

 エンジンは1.5リッター直4DOHCから113馬力を発生。決して速くはないものの、軽快なハンドリングや燃費の良さ(街乗りで15km/L以上)に定評あり。中古車の相場は、48万円前後。モータースポーツ用ベース車両画像はこちら

 

マツダ・ロードスター(NB型)

 ライトウエイトスポーツの王道といえるロードスターは、まさにスポーツドライビングの入門者に好適。FR(後輪駆動)で走りにクセがなく、アフターパーツも豊富で車体も軽い。2代目NB型の中古車の平均価格は50万円ぐらい。トラブルも少ないし、なにより乗って楽しいクルマといえるだろう。モータースポーツ用ベース車両画像はこちら

 搭載エンジンは1.8リッターと1.6リッターの2種類なのだが、あえてのオススメはより軽快なハンドリングをみせる1.6リッターだ。モータースポーツ用ベース車両画像はこちら

 

トヨタ セリカ(T230型)

 セリカの最終モデル、7代目も推しの一台。連続可変バルブタイミングリフト機構VVTL-i付きの1.8リッター、190馬力の2ZZ型エンジンを搭載。6代目までは4WD+ターボのイメージが強く、T230型で“スポーツ色”が弱まったように思われがちだが、素直なハンドリングでシャシー性能も高い。モータースポーツ用ベース車両画像はこちら

 デザインの好き嫌いはあるかもしれないが、USトヨタの「CALTY」が手掛けたスタイリングは、ライトウェイトクーペとしてキレイにまとまっている。いまや6速MTで、乗れば意外にいいクルマが、50万円前後で購入可能だ。