クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 「無意識のクセ」が故障の原因に! MT車乗りが「やってはいけない」サーキットでの操作
SPORT
share:

「無意識のクセ」が故障の原因に! MT車乗りが「やってはいけない」サーキットでの操作

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: Auto Messe Web編集部

シフトノブを握ったままの走行はメカニカル負担増

 同じくシフトノブを握りっぱなしもNG。そもそもステアリングを片手で操作するのは誰が考えても危ないし、握ったままだと駆動系の振動を逃すことができなくなり、ミッション本体などに負担がかかりストレスが蓄積される。シフトノブ握りっぱなしの運転はNG

 クラッチペダルの操作に関していえば、ドリフトのきっかけ作りのようなシチュエーションを除き、蹴って強制的にエンジンの回転数を上げることは避けたい。クラッチを始め駆動系に大きな負担がかかるし、ペダルが折れたなんて事例もあるので要注意だ。サーキット走行も余裕を持って

 シフトにせよクラッチにせよサーキットだからと身構えすぎず、街乗り+α程度の気持ちで優しく操作すれば速さにもトラブル防止にも繋がるはずだ。

1 2
すべて表示
  • 佐藤 圭
  • 佐藤 圭
  • 1974年生まれ。学生時代は自動車部でクルマ遊びにハマりすぎて留年し、卒業後はチューニング誌の編集部に潜り込む。2005年からフリーランスとなり原稿執筆と写真撮影を柱にしつつ、レース参戦の経験を活かしサーキットのイベント運営も手がける。ライフワークはアメリカの国立公園とルート66の旅、エアショー巡りで1年のうち1~2ヶ月は現地に滞在。国内では森の奥にタイニーハウスを建て、オフグリッドな暮らしを満喫している。
著者一覧 >

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS