「ジムニートラック」に「ジュークのスノーモビル」! 売ればバカ売れ確実の市販車カスタム「コンセプトカー」4選 (1/2ページ)

「ジムニートラック」に「ジュークのスノーモビル」! 売ればバカ売れ確実の市販車カスタム「コンセプトカー」4選

カスタマイズの参考にもなるコンセプトモデル!

 いつの時代もクルマ好きの心を躍らせる、自動車ショーのコンセプトモデル。そのなかでも市販車をベースにカスタムした、現実味がありつつも攻めまくったクルマを紹介する。

1)ジムニーシエラ・ピックアップスタイル

 まずはデビュー以来の大人気で生産が追い付かず、納車まで1年なんて話も聞く現行型ジムニーシエラをトラック化した『ジムニーシエラ・ピックアップスタイル』。ボディ後部を荷台にすることで、DIYやアウトドアといた幅広い用途に対応。

【関連記事】今なお人気沸騰中の「ベンツGクラス」! AMGよりド派手な「下剋上」カスタムとは?

2019年の東京オートサロンに出展されたジムニーシエラ・ピックアップスタイル画像はこちら

 乗車定員は割り切って2名に減らすが、シート後方には荷物を置くスペースを確保する。また内装やシートの生地にはベージュ色やチェック柄を多用し、ポップで若々しい印象に仕上げているのもポイント。ちなみに荷台はスズキの軽トラック『キャリイ』から流用、全長は標準のジムニーシエラから30cm延長したという。ジムニーシエラ・ピックアップスタイルの荷台はキャリィから流用したモノ画像はこちら

 昔はピックアップトラックも存在したジムニーだけに、市販されるかと期待したファンも少なくないようだが、残念ながらあくまでもコンセプトモデルとしての出展とのこと。

2)ジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプト

 続いては大胆なスタイリングで大きな話題となった、ニッサンの『ジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプト』を見てみよう。雪上のレスキューを想定し開発されたモデルで、最大の特徴はタイヤの代わりに装着された、巨大なクローラーとオーバーフェンダー。2019年の東京オートサロンに出品されたジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプト画像はこちら

 外観から鈍重なイメージを受けるかもしれないが、インテリジェント4×4を搭載し意外なほど軽快に動く。テストでは雪上で100km/hのスピードを記録し、さらに砂漠での高い走破性も確認できているとか。なお日本の市場に投入される可能性は低いようだが、海外の一部では市販されており様々なシーンで活躍しているそうだ。タイヤではなくクローラーを取り入れたジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプト画像はこちら

 次はスポーツ系に目を移してみたい。

画像ギャラリー