eモータースポーツにはゲーム機付属の「コントローラー」ではなく「ハンコン」が必須? 凄腕プレイヤーに聞いた! (1/2ページ)

eモータースポーツにはゲーム機付属の「コントローラー」ではなく「ハンコン」が必須? 凄腕プレイヤーに聞いた!

リアルに「操っている感」を味わえるハンコン

 ハンドルコントローラー、あるいはステアリングコントローラー。通称「ハンコン」をご存知だろうか。プレイステーション4の「グランツーリスモSPORT」や、Xboxの「フォルツァホライゾン4」などのドライビングシミュレーターゲームに対応した、本物さながらのステアリング&ペダルを用いたゲーム用コントローラーのこと。

【関連記事】ついに「GT-R」が引退! 超人気レース「スーパーGT」クラス最多優勝マシンの偉大すぎる足跡とは

eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 普通にハードに付属しているコントローラーパッド(「パッド」と呼ぶ)の代わりに、このハンコンを使ってプレイするわけだが、指でスティックを倒すのではなくステアリングホイールを回して操舵し、ボタンを押すのではなくペダルを踏み込んでアクセルやブレーキを操作する。商品にもよってはパドルシフトやシフトノブでギアチェンも可能と、実際のスポーツカーの運転と同じ感覚だ。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 またFFB(フォースフィードバック)機能対応のモデルであれば、路面から伝わってくる振動やステアリングを切った際に感じる抵抗感なども、ハンドルを通して驚くほどリアルに再現される。初めて触った人はきっと驚くに違いない。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

コレを使えばタイムも縮められる気がする !?

 といった感じで、ハンコンは基本的にはゲームをより深く楽しむためのデバイスである。だがその一方で「ハンコンを使ったら速くなれるんじゃないの?」というイメージもないだろうか。何しろ見た目からして本格的だ。リアルさながらのハンドル操作によって、パッドでは届かなかったタイムを叩き出せそうな予感がしないでもない。

 確かにeモータースポーツのオフライン大会の様子(※コロナ以前の話)を見てみると、そこで使われているのはハンコンばかり。ということは、エントリーしている選手たちも日常的にハンコンを使っているものと思われる。パッドで練習してハンコンで本番、とは考えにくいからだ。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 つまりハンコンは上達の道しるべなのだろうか。逆にいうなら、ガチで上手くなるにはハンコンが必須なのだろうか。そのあたりをもう少し考察していきたい。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 なお、今回は国内外のドライビングシミュレーターゲームの中でも屈指の人気を誇り、eモータースポーツのメインソフトとして扱われているPS4の「グランツーリスモSPORT」での使用を前提として話を進めさせていただく。

調べてみると種類豊富。値段もいろいろ

 そもそも世の中にはどんなハンコンが出回っているのだろうか。実は種類も価格もバリエーションは幅広い。試しにAmazonで「ハンコン」と検索してみると、山ほど商品がヒットする。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 だが基本的にハンコンといえばステアリングとペダルのセットだ。ペダルはアクセル・ブレーキの2ペダルと、それにクラッチも加えた3ペダルの商品もあり。オプションでHパターンのシフトも組み合わせ可能という感じだ。他にはステアリング&ペダルをマウントできるスタンドや、バケットシートのようなゲームチェアも販売されている。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 価格は安いものだと1万円以下から、高いものだと10万円前後まである。安いものと高いもので何が違うかというと、ステアリングやペダルの造りや質感であったり、FFB機能が対応だったり非対応だったり。対応品でもモーターの駆動方式(ギア式/ベルト式)やトルク(FFB機能の出力)の強さによっても変わってくるらしい。eモータースポーツで使われている「ハンドルコントローラー」の紹介画像はこちら

 グランツーリスモSPORTのオンラインマニュアルによると、「スラストマスター」や「ロジクール」の商品が対応品とうたわれている。ネット通販でもこの2ブランドは必ず上位に出てくるので、きっと使っている人も多いのだろう。

画像ギャラリー