ホイールでクルマの走りは変わる! 意外と深い「リム幅」の選び方

ホイールでクルマの走りは変わる! 意外と深い「リム幅」の選び方

双方に対しての「適正サイズ」がある事を覚えるべし

 タイヤとホイールを交換するときに、意外と悩むのがホイールの「リム幅」。

 ドレスアップ系のユーザーは「できるだけ太いホイールの方がカッコいい」と思っているようだが、タイヤの幅に対して、どんなリム幅のホイールを選ぶかは、クルマのハンドリング、フットワークを左右する重要な要素なので安易に選ぶのは厳禁だ。

【関連記事】「ハイエース顔面移植」「全長延長」「超巨大ウーハー」! 魔改造しすぎの「軽トラ」キャリィ衝撃の中身

ホイールのリム幅の違いで同じタイヤでも運転感覚が違う画像はこちら

 タイヤメーカーのカタログを見ると、タイヤのサイズごとに適用リムサイズが書かれた表があるので、そこでマッチングを確認することが必要だ。ただ、この適用表に載っているのは、ワンサイズではないというのが困ったところ。例えば245/40-18だと、標準リムは8.5J。しかし同時に8J、9J、9.5Jも適用リムに含まれている。同様に205/55-17だと標準リムは6.5J。その他、5.5J、6J、7J、7.5Jが適用リム。225/50-16だと、標準リムが6.5Jで、6J、7J、7.5J、8Jが適用リムといった具合だ。ホイールを交換のカスタムで気になるのはどのリム幅を選ぶか画像はこちら

 このように適用リムがいくつか選べると、ホイールの選択肢も増えるが、悩みも増える。一体どのサイズを選べばいいのか?ホイールのことはホイールメーカーに訊くのが一番なので、ホイールの開発エンジニアに訊いてみた。ホイールを交換のカスタムで気になるのはどのリム幅を選ぶか画像はこちら

「リム幅」の差で「乗り心地」はどうなる?

「タイヤの性能を活かすという意味で、一番バランスがとれているのは『標準リム』のサイズです。『標準リム』より幅の広いサイズを選ぶと、同じタイヤ、同じ空気圧でも、タイヤのケース剛性が上がったような状態になり、コーナリングパワー(CP)が高くなります。フロントが敏感に反応することを好む人は、適用範囲の中で、リム幅の広いホイールを選ぶといいでしょう。ただし、乗り心地は悪くなります。リム幅が広ければ敏感なドライビング反応がある画像はこちら

一方、『標準リム』より細いホイールと組み合わせると、サイドウォールに粘りというか腰が出て、最後にもうひと切り、切り足せる感じになります。乗り心地もソフトになりますが、ハンドル操作に対する敏捷性、コーナリングパワーが少し減ります。どちらも一長一短なので、自分の好みでどちらかの方向に振ってみてもいいですし、迷うなら『標準リム』が一番です」とのことだった。ホイールを交換のカスタムで気になるのはどのリム幅を選ぶか画像はこちら

 この他、タイヤの幅もリム幅によって変化する。標準リム幅よりリム幅が0.5インチ広がると、偏平率50%以上では5mmほど、45%以下では約6mm広くなる。またデザイン優先で、タイヤに対し必要以上にリム幅の広いホイールを組み合わせると、組み付けの際ビードが上がりきらなくなったり、ホイールの側面を壁や縁石に擦る可能性も高くなる。ホイールを交換のカスタムで気になるのはどのリム幅を選ぶか画像はこちら

 リム幅が狭くても、エア漏れなどの原因になるので、ホイールは必ずタイヤメーカーが指定する『標準リム』か適用リムのなかでセットアップを決めていこう。

画像ギャラリー