伝説のイオタSVRがなぜかガルウイング! 「軽自動車」を「ランボルギーニ化」した衝撃オーナーを発見 (1/2ページ)

伝説のイオタSVRがなぜかガルウイング! 「軽自動車」を「ランボルギーニ化」した衝撃オーナーを発見

みんなの憧れだったイオタSVRを自ら実現

 見れば見るほどよくできているランボルギーニ・イオタSVRのレプリカ。憧れの名車に乗りたいけれども、さすがにイオタSVRの本物をゲットするのはキツイよな……と思った金澤さんが自作したモノ。

 金澤さんは住宅の外壁などを塗るペンキ屋さんを生業としていることもあり、持ち前の集中力と手先の器用さを活かしてガレージのみならず愛車のカウルまで造ってしまったのだ。スズキ・キャラをベースとして、イオタSVRに似せた唯一無二の愛車を自宅にて製作したオーナーの並々ならぬ熱意をご紹介しよう。スズキ・キャラをベースに自作で製作をしたイオタSVRレプリカ

 かつて、2ストローク/360ccエンジンをリアに搭載したスズキ・フロンテクーペや1976年式の日産フェアレディ280Z 2by2などを愛用していたという金澤さんは、ほぼ新車だったというスズキ・キャラを1994年に購入した。金澤さんが所有されていたフェアレディZ280Z 2by2

「マツダ・オートザムAZ-1よりもキャラのほうが20万円ぐらい安くて、しかもキャラの新古車がいっぱい流通していたんですよ。それで、AZ-1ではなくキャラにしました」と金澤さん。キャラを購入したことをコンピューターに強い友人に報告し、写真を見せたところ、友人はそのフロントマスクをイオタSVR風にモディファイしたその写真データを戻してくれたらしい。1993年にデビューしたスズキ・キャラ

 この出来事がきっかけで、金澤さんはイオタSVRレプリカの製作を決意した。当時、フェラーリ288GTOのプロポーションも少しだけ気になっていたそうだが、初心貫徹でイオタSVRを造ることにしたそうだ。

画像ギャラリー