安い! 手間いらず! いまホイールの「ちょいイジリ」がジワり流行の兆し (2/2ページ)

noteで書く

【リムテープ】

 スポーティなカラーメイクとして、お手軽なのがリムテープやリムプロテクターなどと呼ばれるモノ。ボディのアクセントカラーに合わせてやれば、純正っぽいマッチングが演出できる。もちろん、オリジナリティを追求してどんな色を選ぼうとオーナーの自由。リムプロテクターと呼ばれるタイプはリムのガリ傷防止の効果もある一石二鳥のアイテムだ。

【関連記事】普通のスポーツタイヤじゃない! Sタイヤでもない! サーキット派御用達の「レーシングラジアル」って何モノ?

ドレスアップと同時にリムの傷防止効果もあるリムプロテクター画像はこちら

【エアバルブキャップ】

 純正ホイールが樹脂製のエアバルブキャップの場合、さすがに質感としては見劣りするというものだ。しかし、安易にアルミ製のバルブキャップに交換すると、純正の真鍮製バルブステムとアルミキャップが「異種金属接触腐食」を起こし、最悪は固着して取れなくなってしまう。純正ホイールのバルブキャップを高品質にしたい場合は、同じ真鍮製のバルブキャップでドレスアップしよう。真鍮製のバルブキャップなら純正ホイールでも安心画像はこちら

【ホイールキャップ】

 純正装着がスチールホイールの場合、社外品のホイールキャップを装着することで完全なイメチェンができる。ドレスアップシーンでは、あえてクラシックテイストを演出するために「鉄チン」ホイールにメッキのホイールキャップを合わせる場合もあるほどだ。純正スチールホイールを上手く活用したいなら、ホイールキャップでアレンジしてみよう。アメ車風のカスタムに似合うホイールキャップ画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー