「見た目」は二の次! 確実に「機能」優先! 初の「テント購入」のセオリーとは (1/2ページ)

「見た目」は二の次! 確実に「機能」優先! 初の「テント購入」のセオリーとは

キャンプデビューで失敗しないテントの条件

 キャンプに必用なギアはいくつもあるが、その代表格がテントだろう。しかし数え切れないほどの製品があり、ビギナーは何を買えば良いのか悩んでしまうかもしれない。今回はビギナーがキャンプデビューしやすいシーズンである春〜秋の宿泊を伴うキャンプに用途を限定し、最初に購入すべきテントについて考察してみたい。

【関連記事】夏キャンプの前におさらい! プロが指南する「テント選びの極意」5つ

キャンプのビギナーはどんなテントを買えば良いのか悩んでしまうかもしれない画像はこちら

「宿泊人数+1人分」がセオリー

 日帰りのデイキャンプやビーチでの休憩用とは違い、泊まりとなればテントに求められる条件も必然的に増える。まず決めなければいけないのはサイズ。大抵のテントは2人用や3人用といった人数が明記してあるが、寝るスペースに加えて荷物をテント内に収納することを考え、宿泊する人数+1人分を目安にすれば窮屈な思いをしないで済む。テントのサイズは宿泊する人数+1人分を目安にすれば窮屈な思いをしないで済む。画像はこちら

 荷物を最小限に抑えたいバイクや自転車でのソロキャンプなら、多少の狭さはガマンしてもコンパクトなテントを選ぶべきだが、ファミリーやグループで行くのなら快適性を優先させるのがベターだろう。ファミリーやグループで行くのなら快適性を優先させるのがベターだ画像はこちら

設営がカンタンな「ドーム型」と「ティピー(ワンポール)型」

 続いては形状について。多くのビギナーが気になるのは設営と撤収の容易さだ。ドーム型/ティピー型/トンネル型/ロッジ型とさまざまなタイプがあり、組み立てのカンタンさでいえばドーム型とティピー型がイチ押し。組み立てのカンタンさでいえばドーム型とティピー型がイチ押し画像はこちら

 ドーム型はおそらくキャンプ場でもっとも多く見るタイプで、ポールをアーチ状に曲げて立ち上げるので空間を広く使えるのも魅力だ。また収納すればかなりコンパクトになるので、運ぶ際のスペースが少なくて済むのも嬉しい。収納すればかなりコンパクトになるドーム型テント画像はこちら

 設営の楽さでいえばティピー型も同様。ティピーとはインディアンが使っていた移動用の住居で、円錐状のオシャレなデザインは目立つし写真にもよく映える。組み立ては中央に1本ポールを立てるだけと非常に手軽で、室内高に余裕があり内部で立って着替えることも可能。円錐状のオシャレなデザインのティピー型は目立つし写真にもよく映える画像はこちら

 ただし中心から外側に向かって低くなるためテント内のレイアウトは、ドーム型ほど自由度がないことも覚えておきたい。なおドーム型にせよティピー型にせよ現地でオロオロしないように、一度は自宅の庭などで試し張りしておいたほうが無難。ティピー型のテント内スペースはドーム型ほど自由度がないことも覚えておきたい画像はこちら