気楽に付けると「頭直撃」の悲劇も! いま流行のセルフ「ドライブ映像」の正しい撮り方とは (1/2ページ)

気楽に付けると「頭直撃」の悲劇も! いま流行のセルフ「ドライブ映像」の正しい撮り方とは

使用するカメラやオススメの固定方法を紹介

 今やサーキット走行会やレースに限らず、YouTubeやSNS用に撮る人も多い車載動画。しかし取り付ける位置や固定に失敗し、ブレブレの映像しか残っていなかった」なんて苦い経験を持つ人も多いるだろう。そんな思いをしないよう上手に撮影するハウツーを紹介したい。

【関連記事】MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは

どんなカメラで撮る?

 まずは撮影する機材のチョイスから。以前は一般的なハンディカムが多かったが、今はGoProなどのアクションカムが大勢を占めている。コンパクトで取り付け場所に困らないうえ、圧倒的に広い画角でドライバーの操作はモチロン、近くを走行するクルマの動きまでシッカリ捉え、思い出の記録としても勉強用としてもピッタリだ。

【関連記事】MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは

車載動画に使われるカメラは、GoProなどのアクションカムが大勢を占めている画像はこちら

 スペック的には画質がフルHD以上で手ブレ補正がマスト、他にこだわるならレンズの明るさと画角の広さだろうか。インターネットの広告などで激安で高性能を謳う海外製品を見かけるが、使った人に聞くと熱で長時間の録画ができなかったり、振動に弱く、すぐ壊れてしまったなんて話も少なくない。なので個人的には名前の知れた大手メーカーの製品を推奨する。車載動画を録るならスペック的には画質がフルHD以上で手ブレ補正がマスト画像はこちら

 またドライブレコーダーで代用している人もいるが、画質や録画の時間はまったく問題なくても、取り付け場所がフロントガラス寄りなので、画角にドライバーの手足が入らずサーキット走行の記録用には不向き。ドライブレコーダーは取り付け場所がフロントガラス寄りなので、画角にドライバーの手足が入らずサーキットの記録用には不向き画像はこちら

画像ギャラリー