「ガソリン車」の代替として捉える「無意味さ」! EVにはEVならではのモータースポーツがある (2/2ページ)

むしろEV向きなモータースポーツもあった!

 そのうえで0~400メートル(ゼロヨン)加速を競うドラッグレースは一発勝負であり、EVが得意とするところだ。ジムカーナも短時間の勝負だから、タイム競争を楽しめるだろう。EVにはEVらではの特性を活かしたモータースポーツがあり、楽しめる場はある。また、EVだからこそというモータースポーツが新しく誕生してもいい。

【関連記事】復活した「三菱ラリーアート」が嬉しい総合優勝! 過酷な1500kmで戦った6日間の結果は?【AXCR2022】

EV車がサーキット走行を始めとしたモータースポーツに向いているかどうかの検証画像はこちら

 たとえば、排出ガスの出ないことを利用した屋内(インドア)でのカート競技などがそれにあたるだろう。動力の持ち味が異なるのに、エンジン車と同じ価値を求めることは的外れになりかねない。