30年前の「SUV」じゃない「RV」ブーム! 王道以外のイケてる「個性派」ヨンク7選 (1/3ページ)

30年前の「SUV」じゃない「RV」ブーム! 王道以外のイケてる「個性派」ヨンク7選

王道以外にも個性派モデルが次々と登場

 いまから約30年前、日本の「RVブーム」ではパジェロ、ランドクルーザー、サファリ、ビッグホーンなどの王道だけではなく、ユニークでカッコイイ四駆がたくさん存在した。言い換えれば各メーカーの意欲が詰まったモデルたちであり、いまなお魅力的に映るのは筆者だけではないはず。中古車市場でもなかなかお目にかかれないモデルも多いが、当時はどんな四駆があったのか紹介しよう。

【トヨタ・ハイラックスサーフ】

 ハイラックス(ピックアップ)の派生モデルとしてラインアップされていたハイラックスサーフのルーツは、1980年代初頭まで遡る。当時、米国西海岸でピックアップトラックに「シェル」を被せたカスタムが流行っていて、米国のキャンピングメーカー「ウィネベーゴ・インダストリーズ」がハイラックスをベースに架装した「ウィネベーゴ・トレッカー」を販売。その後、トヨタはアメリカで「4Runner(フォーランナー)」として発売された。

【関連記事】「ジムニー」「シャンテ」「フロンテクーペ」!  我が青春の「2スト」国産名車4選

アメリカで販売されたトヨタの「4Runner(フォーランナー)」画像はこちら

 ハイラックスサーフの日本デビューは1984年。初代のN60系は、西海岸スタイルが日本のユーザーに受け入れられて大ヒット。筆者も一度は所有してみたいと考えているが、現在中古車市場ではほぼ流通していなく、たまに出ても100万円以上のプライスタグが付けられることも珍しくない。1984年の日本デビューした初代ハイラックスサーフN60系画像はこちら

 1989年に2代目(130系)へとバトンタッチ。FRPを被せたスタイルから1ピースボディになり、ニーズが高い4ドアモデルもラインアップされた。RVブーム真っ只中だったこともあり、若者を中心に爆発的なヒットを記録。四駆の新しいスタンダートを築いたモデルといえよう。ちなみにサーフの場合は、他の四駆とドラビングポジションが大きく異なり、足を前に投げ出す乗用車感覚のポシジョンが特徴だ。最終モデルのパワーユニットは3LV6ガソリン(3VZ-FE)に加え、ディーゼルらしからぬ動力性能を持つ名機1KZ-TE(直4ディーゼルターボ)を搭載した。 1989年に2代目(130系)へとバトンタッチしたハイラックスサーフ画像はこちら

 その後は1995年に3代目(185系)へ進化。この時からプラットフォームとエンジンをランドクルーザー・プラドと共用するようになった。2002年に4代目(215系)が登場したが、残念ながら2009年にランドクルーザー・プラドと統合されるカタチで日本での歴史に幕を閉じた。185系、215系は中古車も比較的流通しているが、10年から20年近く前の中古車としては高めで100万円〜300万円台と、人気の高さがうかがえる。1995年に3代目(185系)へ進化したハイラックスサーフ画像はこちら

画像ギャラリー