夏のドライブは愛犬にとって命がけ! これからの季節の「必須アイテム」と「クルマ選び」 (1/2ページ)

夏のドライブは愛犬にとって命がけ! これからの季節の「必須アイテム」と「クルマ選び」

ワンコを太陽から守れ! 愛犬を守るために必用な装備&グッズ

 愛犬とドライブ&アウトドア。それは飼い主だけでなく、愛犬にとっても最高の1日になる。しかし、忘れてはいけないのは、犬は毛皮を1年中着ていて、暑さや湿度に弱い生き物ということ。車内、車外を問わず、暑さの中に放置されると熱中症になりやすく、それが死に至らしめることさえあるから注意したい。

【関連記事】夏キャンプの前におさらい! プロが指南する「テント選びの極意」5つ

犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

あった方がいい「クルマの装備」と「ワンコの装備」

 そこで、まずは愛犬とのドライブで必要なクルマの装備から紹介したい。その筆頭は、愛犬を後席以降に乗せるとすれば、後席エアコン吹き出し口は必須と言える。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 最近のステーションワゴンやSUVであれば、センターコンソール後端にエアコン吹き出し口があるのだが、ミニバンに設定されているような、2/3列目席頭上のエアコン吹き出し口が理想的だ。これなら気温の高い日に犬が2/3列目席のどちらに乗車しようとも、快適に過ごせることになる。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 ちなみにボルボの60シリーズ以上のPHVを除く車種の後席には、センターコンソール後端に加え、左右Bピラーにもエアコン吹き出し口が備わり、完璧な空調性能が得られるのである(PHVはセンターコンソール内にバッテリーが入っているため、コンソールの容量が減少するとともに、後席エアコン吹き出し口がない)。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 が、それだけでは十分とは言えない。車内の温度上昇を和らげるためには、エアコンの冷風に加え、ウインドウから注ぐ直射日光を遮る手立てが必要だ。多くのクルマのリアサイドウインドウにはプライバシーガラスが採用されてはいるものの、さらにサンシェードがあると、より車内温度上昇の抑制に効果的。もっとも、リヤサイドウインドウにロール式のサンシェードを備えているのは、アルファード、ノア、ステップワゴン、セレナのようなミニバンか、ソリオなどのプチバンが中心。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 しかし、ロールサンシェードが未装備のクルマでも、アフターマーケットのアクセサリーに、汎用、専用のリアサイド&リヤウインドウ用のサンシェードがあるから、それを利用すればよい(価格は1台分数万円と高価だが、愛犬が熱中症になって医療費がかかるよりいいだろう)。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 また、クルマ専用アイテムではないものの、車内、車外で愛犬に水分を補給させるためのペット用水筒、車内でいつでも水が飲める、水がこぼれない縁のついた水飲み皿の用意も、ロングドライブでは不可欠だ。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 ちなみにわが家ではそれに加え、暑い時期のアウトドアでは、歴代愛犬が愛用している冷感素材を使ったクールウエアを着せ、クールマットを敷いてあげることもある。ワンコ用の夏物ウエアやグッズには、夏でも涼しく着られる快適クール加工のほか、防蚊/UV加工まで施されているものがあり、アウトドアにはうってつけ。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

 ドッグウェア専門店には中に小さなバッグが付いていて、そこに保冷剤を入れられるウエアも揃っている。クールバンダナという、犬の首に巻くバンダナに、保冷剤をセットできるものもあるといいだろう。犬(ペット)が快適に過ごせる車内環境の作り方の紹介画像はこちら

画像ギャラリー