乳幼児だけじゃなく高齢者にも重要! 夏の車内温度を下げる「日よけグッズ」の重要性 (1/2ページ)

乳幼児だけじゃなく高齢者にも重要! 夏の車内温度を下げる「日よけグッズ」の重要性

夏のクルマ内は危険性が高まる

 夏のドライブで気をつけたいのが熱中症だ。「エアコンも効いてるし問題は無いはず」と思って安心しきっているユーザーもいるが、意外なところに落とし穴があるので注意して欲しいもの。まずは駐車中の車内温度の上昇はかなり厳しいことを知っておこう。

駐車時間——短さ許容は過信でしかない

 炎天下にわずかな時間駐車しただけで、車内温度が50℃を超えることもザラだ。わずか15分程度の駐車で車内の温度が10℃上昇するというテスト結果もある。ダッシュボードなど直接日光が当たる部分はさらに高温になるので注意が必要だ。

 クルマに戻った際には十分な換気と車内温度の調整を行おう。いきなりステアリングを握って、その熱さにビックリした経験があるドライバーもいるのではないだろうか。

【関連記事】高齢者こそ「MT」か「EV」がいい! 「悲惨な事故」を減らせる理由とは

熱中症に注意する夏にはクルマ内の厳しい温度上昇にはカーサンシェードや遮光カーテンで対応したい画像はこちら

 このような温度上昇を知っていれば車内に小さな子供を残してクルマから離れるのは大変危険であることがわかるだろう。過去にも炎天下の車中に残した子供が亡くなったという報道があった。短時間だと甘く考えずに、夏場の駐車には細心の注意を払いたい。

 以上はエンジンを停止してエアコンを止めた状態を想定しているが、エアコンを使っていれば必ずしも安全というわけではない。直射日光の差し込む窓際はかなりの高温になることもある。後部座席の直射日光が当たる座席に座ってる高齢者や幼児は場合によっては熱中症の可能性もあるので体調に十分気をつけた方が良いだろう。

車内への日差しをさえぎるシェード

 そこで、対策装備として用意したいのがシェードだ。車内の気温上昇のキーワードは“日差し”だ。そこでサンシェードを使って強烈な日差しを遮ることである程度車内の温度上昇を抑えることができる。ウインドウにスモークフィルムを貼ることも同様の効果が望めるだろう。

熱中症に注意する夏にはクルマ内の厳しい温度上昇にはカーサンシェードや遮光カーテンで対応したい画像はこちら

 駐車中に設置するサンシェードの定番はフロントウインドウ全面を覆うサンシェードだ。外側は日光を反射する銀マットになっているタイプが効果的。サンシェードを使うだけで場合によっては20℃以上も温度上昇を抑えられるというデータもある。熱中症に注意する夏にはクルマ内の厳しい温度上昇にはカーサンシェードや遮光カーテンで対応したい画像はこちら

 さらにサイド&リアウインドウからの日差しを遮るアイテムも数多く用意されている。ただしサイドウィンドウはフロントウインドウとは異なり車種ごとに形状や大きさ、その数がまちまちな点がある。そこで車種専用に設定されているサンシェードを活用するのがオススメだ。熱中症に注意する夏にはクルマ内の厳しい温度上昇にはカーサンシェードや遮光カーテンで対応したい画像はこちら

 サイドウインドウにぴったりとフィットするので日差しを遮る効果も高い。 紫外線をカットする効果が高いモデルも用意され、日焼けの防止効果もあるので注目だ。

画像ギャラリー