「シャコアゲ」「デコ軽トラ」「アルファード顔面移植」! ヤンチャにも程がある「カスタム軽」オフ会に潜入 (1/2ページ)

「シャコアゲ」「デコ軽トラ」「アルファード顔面移植」! ヤンチャにも程がある「カスタム軽」オフ会に潜入

スタイルも幅広く、いま一番元気のいい「軽カスタム」が軽トラ

 軽自動車カスタムの中でいま最も元気がいいのは、ズバリ軽トラ。そのスタイルも実にさまざまで、往年の「シャコタン&やんちゃ仕様」だけでなく、最近なにかと注目の「シャコアゲ」や「デコトラ系」もいたりと、とにかく見ていて楽しい。

 この春に開催された、軽トラユーザー有志による巨大ミーティング会場でもそれは同様だった。普段は軽トラをイジるという同じ趣味を持つ者どうしで情報交換をしたり、ツーリングやオフ会を楽しんでいるという、仲間たちによる手弁当の集まりだったが、フタを開けてみれば北は千葉県、南は大分県から総勢161台のカスタム軽カーが集結し、会場は大賑わい。さらに今回は軽トラ以外の軽カスタムカーも来場。今回、その中からとくに会場で気になった数台をピックアップして紹介していく。

「どシャコタン」「小デコ」に「グリル移植」

 まず最初に目がいくのがその低さ。軽トラックの足まわりにめっぽう強い「GTカープロデュース」製のサスキットを使ってこのローフォルムを実現。そこに合わせたホイールはBBSメッシュ。軽トラではあり得ないこの深リムを収めるべく、ワンオフのオーバーフェンダーで武装して往年のVIPカーテイストな装いに。エアロは軽トラックカスタムで人気の高い翔プロデュースのボディキットを指名している。

シャコタン過ぎるスズキ・キャリイ 特装車(ダンプ仕様)をベースにした16キャリイ。アートトラックの世界でいまトレンドになっている、ステンレスメイクで各所をカスタマイズ。しかも単にプレーンなステンレスではなく、装飾されたそれを奢る事で、小さなボディでも抜群の存在感を示す事に成功。
デコトラ風のスズキ・16キャリイ 会場でもひときわ目立っていたのがこちらのキャリイ。グリルはなんとアルファードのそれを移植。旧車乗りには懐かしさ全開な、イエローの「暴走ライン」と赤に塗り分けたバーフェン、大胆にそり上がるリヤウイングの効果もあって、とにかくやんちゃテイスト全開な1台だった。グリル移植をしている軽トラ

「シャコタン」ではなく「シャコアゲ」な2台

 軽トラカスタムの新ジャンルとしていま注目上昇中なのが車高を落とす「シャコタン」の逆、車高を上げる「シャコアゲ」だ。実用性も兼ねつつスタイルアップも図れるのもあり、それまで改造車に興味のなかった人にも注目されている。この類のミーティングで見ることは数年前までほぼなかったが、数年前から徐々にその数を増やしつつある。そして今回もかなり存在感を示していた(車高が高いからか、シャコタンばかりだと目立つのもある)。

 紹介するS510Pハイゼットトラックジャンボも、そんなアゲスタイルを貫く1台。ホイールはクリムソンの「MGビースト」を指名、そこにオフロードタイヤを組み合わせ、専用の足まわりでリフトアップをした「アゲトラ」だ。リフトアップしているダイハツハイゼットトラックのフロントビュー 荷台はカバー付きのボックス「トラボ」を追加、リヤタイヤには鱗柄のマッドガードを奢る事で、そこはかとなくアメリカンな装いに仕上げていた。リフトアップしているダイハツハイゼットトラックのリアビュー

 もう一台も同じくハイゼット、しかもバンの荷台をカットした「デッキバン」をベースにした1台(荷台があるので軽トラ扱い)。行灯をつけたグリル、「いかにもな」ナンバーフレーム、その周辺を鱗柄のプレートで覆いバイザーもステンレスで「キラキラ感」強めに仕上げるなど、見るからにデコトラな雰囲気。通常の軽トラックでは見かけるものの、デッキバンベースなのが珍しい。カスタムしたダイハツハイゼットデッキバン

画像ギャラリー