言わば「群馬のイタ車」! 武闘派スバルの隠れた傑作「スポルヴィータ」がお洒落過ぎた (1/2ページ)

言わば「群馬のイタ車」! 武闘派スバルの隠れた傑作「スポルヴィータ」がお洒落過ぎた

老舗革メーカー「マリオレヴィ」とコラボした500台限定モデル

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」は使いこなせるパワーがコツ。セッティング能力の高い「緑整備センター」の目指したデモカーの全容とは

WRX S4に特別仕様車として500台限定発売されたスポルヴィータ画像はこちら

 2015年11月にスバルWRX S4に設定された特別仕様車「スポルヴィータ」。イタリア語のSporvita(スポーツ)とVita(人生)を組み合わせた造語であることからも、イタリアの風が感じられるクルマだ。500台限定で販売されたこのモデルは、WRXでありながら、走りよりもインテリアに特徴のあるモデル。とくにイタリアの老舗革メーカー「マリオレヴィ」とのコラボで、シートやステアリングなどにタン×ブラックの内装をあしらい、大人のスポーツセダンというコンセプトのS4を、さらに昇華させたといえる仕立てだ。

過去にはWRX STI AラインやBRZの特別仕様車にもタンレザーを採用

 スバル車でタンレザーの内装といえば、2010年に3代目WRXシリーズに設定されたAT専用モデル「WRX STI A-LINE」に、メーカーオプションとして「プレミアムタンインテリア」が設定されたのが初めて。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」は使いこなせるパワーがコツ。セッティング能力の高い「緑整備センター」の目指したデモカーの全容とは

WRX S4に特別仕様車として500台限定発売されたスポルヴィータ画像はこちら

 スポーツモデルのWRXにタンレザーと2ペダル(AT)の組み合わせはこの時から具現化されていた。
 その後も2013年にピュアスポーツクーペのBRZにタンレザー内装を採用した特別仕様車「BRZプレミアムスポーツパッケージ」が設定されるなど、スバルのスポーツモデル×タンレザーの組み合わせは、意外と歴代モデルに設定されてきたのだ。