限定車でもないのに「40台」しか売れず? 鳴かず飛ばずのトホホな「平成不人気車」7選 (1/2ページ)

限定車でもないのに「40台」しか売れず? 鳴かず飛ばずのトホホな「平成不人気車」7選

不人気にもほどがある国産旧車を振り返る

 現在「ネオヒストリックカー」と言われる平成の国産旧車が人気だ。だが、中にはほとんど売れなかったモデルも結構ある。そこで、どうして売れなかったのか?」を振り返ってみよう。もし中古車屋で見つけたら、即ゲット!? しても、値段は上がらないかもしれない……。※台数は国産各自動車メーカー調べ。一部メーカーは日本自動車工業会のデータを参照

 

ホンダMDX:1502台

ホンダMDXのフロントスタイリング MDXは「アキュラ」ブランドで大成功を収め、日本にも上陸。だが、500万円級の価格や2m近い全幅が災いしたのか、4年間で1700台という限定台数も消化できず、あっというまに姿を消した。しかし、4WDシステムは走破性に優れたVTM-4を採用するなど、中身は本格派だった。世界的にはセールスは好調だった。

スズキX-90:1348台

スズキX-90のフロントスタイリング
 このクルマ「Tバールーフを持つ雰囲気重視のオープンスペシャリティカー」かと思いきや、ベースはなんとラダーフレームの初代エスクードで、駆動方式もFRベースのパートタイム4WD! そのため、最低地上高や全高も妙に高いのだ。もう少しカッコよければ、雪道や林道にも対応するスペシャリティカーとして生き残れたかも?

スバル・インプレッサスポーツワゴングラベルEX:約1300台

スバル・インプレッサスポーツワゴングラベルEXのフロントスタイリング 初代インプレッサスポーツワゴンの車高を上げ、カンガルーバーなどを備えたクロスオーバー。同時期に出たレガシィグランドワゴンがそれなりに売れたことを考えると、コンセプトは間違っていなかった。だが目立ち過ぎるスタイルやラゲッジの狭さが仇となったのか、販売台数は約1300台。現在のスバルXVのご先祖的モデル。

画像ギャラリー