愛車を労わるつもりが逆効果に! 「よく晴れた日に洗車」がNGな理由 (1/2ページ)

愛車を労わるつもりが逆効果に! 「よく晴れた日に洗車」がNGな理由

ピーカンの日もじつは洗車指数は最低

 筆者は自宅の水道からホースを引っ張ってきて洗車する手洗い派だ。もっとも気になるのは当日の天気。もちろん、雨が降っていたり、降りそうだったらあきらめる。が、逆にピーカンにも憂鬱な気分にさせられる。

 その昔、某メーカーの新車のテレビCMで、よく晴れた青空の下でファミリーが洗車しているシーンを「楽しそう」などとと微笑ましく眺めていたが、考えてみればとんでもない愚行だ。

水滴が瞬時に蒸発する強い日差し、焼けたボディ

 文字どおりクルマ全体に水を撒布しながら洗うのが“洗車”。ここで問題になるのが太陽の光だ。日差しを遮るガレージやカーポートに置いているならまだいい。厳しいのは月極駐車場など屋外に停めているケースだ。

【関連記事】「GR」「ニスモ」「モデューロX」の思わぬメリット? 新車は割高だけど「高値で売れる」のか

洗車はなるべく日陰で行うのがベストだ画像はこちら

 直射日光を受けたボディは熱を帯び、真夏には表面温度が水の沸点と同じ約100度にも達するという。塗装面がチンチンに熱を帯びた状態でいきなり水をかけたらどうなるか? 考えるまでもない。一瞬で水は蒸発し、アッという間に塗装面にのったチリやホコリ、汚れなどとともに焼き付いてしまうだろう。“水ジミ”とか“ウォータースポット”などと呼ばれる非常にガンコで厄介な汚れだ。晴天時に洗車をすると“水ジミ”とか“ウォータースポット”の原因の元となる画像はこちら

 それを除去するための専用のケミカル用品もあるようだが、そもそもスポンジやウエスなどでこする行為が塗装に微細なキズを刻み、研磨成分を含んだケミカル剤の場合、せっかく施工されているコーティングの皮膜を剥離してしまうこともある。“水ジミ”とか“ウォータースポット”は専用のケミカルで除去することもできるが磨き傷が付くこともある画像はこちら

 エンジンを止めた直後のボンネットが熱を帯びている状態ならなおさらのこと。水を撒布する前に日陰などでボディをよく冷まし、手のひらで触ってみて過度に熱さを感じない温度(40℃程度)まで下げる必要がある。洗車前はボディが冷えていることを確認したい画像はこちら

画像ギャラリー