「梅雨」本番前におさらい! 意外と知らない「カーシャンプー」の選び方 (1/2ページ)

「梅雨」本番前におさらい! 意外と知らない「カーシャンプー」の選び方

洗車の基本:カーシャンプーの選び方

 クルマは常に劣悪な環境にある。ボディやウインドウにはチリやホコリのほか、煤煙、虫、樹液、そして雨が降れば道路の泥水などが付着する。お風呂で石鹸を使って身体を洗い、髪の毛をシャンプーするのと同じ。洗浄効果を高める「カーシャンプー」は、洗車で適宜活用したいケミカルのひとつだ。もっとも、数あるカーシャンプーの中から何を選べばいいのか悩ましい。

愛車の塗装に適した「洗剤」を選ぼう

 セオリーとして、まず塗装に適したタイプを選ぶようにしたい。基本的に濃色車用と、ホワイト/淡色車用の2タイプに大別されるが、いずれも洗浄能力は同一で、違いは主に研磨成分の有無。

 ホワイトをはじめ、黄色や水色などの淡色系は黒ずんだ水アカや水ジミが際立つ反面、多少の擦り傷は気にならない。だったら研磨成分でそれらを削り取ればいい。対して黒や紺、赤、濃緑といった濃色系は、水アカ/シミは目立ちにくいかもしれないが、スリ傷が目立ってしまうので研磨は避けたい。水垢が付着したフロントバンパー

 では、ホワイト/淡色系は、必ず研磨成分を配合したシャンプーでなければいけないかといえば、それは違う。過度の水アカなどがなければ、わざわざ研磨傷をつける必要はない。また、コーティングを施したクルマの場合、研磨成分で表面のコーティング被膜が剥離してしまう恐れがある。

 濃色車にホワイト/淡色車用を使うのは論外だが、ホワイト/淡色車は、汚れの程度やコーティングの有無に応じて、あえて濃色車用を使うのも悪くない。

 最近はコーティング施工車専用のシャンプーも選べる。とくに濃色車はこうした商品が安全で、洗浄効果も期待できるはずだ。コーティング施工済みのクルマにも大丈夫なカーシャンプー

画像ギャラリー