クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 「新型ゴルフ8」を速攻カスタマイズ! 老舗入魂のフルエアロがカッコ良過ぎた
CUSTOM
share:

「新型ゴルフ8」を速攻カスタマイズ! 老舗入魂のフルエアロがカッコ良過ぎた

投稿日:

TEXT: afimp編集部 PHOTO: 橋本コーポレーション/レアーズ(MOMO JAPAN)

日本上陸より1年半も前に正式発表

 ついに日本にもVWゴルフ8が上陸した。欧州ではすでに2019年に発表済み。歴代ゴルフは時代ごとに「大衆車」のスタンダード作り上げてきた存在。外観は先代のゴルフ7から少しだけ進化した印象であり、このやや保守的なスタイルもファンにはたまらない。当然、カスタマイズユーザーも新型の登場を楽しみにしていた。そこで欧州チューナーがすでに提案しているスタイルを紹介したい。新型ゴルフを購入予定のみなさんは、ぜひ個性的なヨーロッパスタイルを参考にしてほしい!

初出:af imp.(2020年7月号/2021年7月号)

老舗チューナー「RIEGER」のストリートスタイル

 新型VWゴルフ8に対して、日本でも人気のドイツチューナー「リーガー・チューニング」の仕事は早かった。ゴルフ8が世界に向けて発表されたのは2019年12月。にもかかわらず、リーガーは2020年の総合カタログに、フルエアロを纏ったゴルフ8を掲載させたのだ。それだけリーガー・チューニングにとっても新型は期待の存在だったにちがいない。

 リーガー・チューニングがゴルフ8に対して用意したエアロパーツは、フロントスポイラー/サイドステップのふたつ。サイドステップにはその下部に装着するフラップタイプのアンダースポイラーも用意する。

 同社の往年のファンにとっては大胆なボリュームを期待するが、近年のデザインはやや控えめ。エアロパーツとしての機能を優先するコンパクトな仕上がりだ。むしろ、街乗りをメインに楽しむユーザーにとっては、純正と同様のボリューム感ながら、ひと味違った表情というのがちょうどいいのかもしれない。

 当然のことながらリーガー・チューニングのエアロについても日本上陸は間違いない。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS