海水浴も楽しめるけど実は危険がいっぱい?「海キャンプ」のメリット&デメリットとは (1/2ページ)

海水浴も楽しめるけど実は危険がいっぱい?「海キャンプ」のメリット&デメリットとは

楽しさ満点の夏キャンプはしっかり対策して満喫すべし!

 キャンプ場の目の前に広がる海水浴場。キャンプと海水浴が一石二鳥で楽しめる幸せなキャンプになりそうですが、実はデメリットも少なくありません。手軽な装備で楽しめる夏のキャンプは、しっかりと対策していかないと痛い目にあうことも……。ここでは「夏キャンプ」のメリット&デメリットについて考えてみたいと思います。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

【メリット:その1】夏キャンプは思い出作りに最適のシーズン

 日本は四方を海に囲まれた海洋王国。そのメリット活かした海沿いのキャンプ場も数多く、夏キャンプには最適です。キャンプと共に海遊びを楽しむことができるので、事前に情報を集めておくことも重要です。シュノーケリングやボート遊びを楽しむのなら波のない湾内を、サーフィンやボディボードを楽しむのなら波のある外洋を選びましょう。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

 潮干狩りや地引網が楽しめる場所、磯遊びができる場所を調べておけば夏キャンプの思い出が倍増すること間違いなしです。また、キャンプ場の近くに市場や海産物を扱うお店を見つけておけば、地元価格で新鮮なBBQを楽しめます。

【メリット:その2】一極集中の裏をかき「穴場」のキャンプ場を探す!

 気軽にキャンプが楽しめる夏は、SNSやキャンプ場ガイドに掲載されている有名キャンプ場に人が集中する傾向があります。逆に地元の人しか知らないような「穴場」的なキャンプ場を探し当てれば、混雑するシーズンでも貸し切り状態でのんびりとキャンプが楽しめます。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

 多少、不便なアクセスでも青い海と青い空を独り占めにできるキャンプ場なら夏キャンプを満喫できることは間違いありません。漁港や地元の食堂などで聞いてみると、思わぬ隠れスポットを教えてもらえることも。インターネットの情報に踊らされず、自分の足と耳で情報を集めておきましょう。

【メリット:その3】簡単な装備で楽しめる「夏キャン」で経験を積む

 これからキャンプを始めようと思っているのなら「夏キャンプ」が最適です。冬場のキャンプはシュラフの適応温度や暖を取るための装備が増え、さらには寒さや厳しい環境に適応する経験と知識が必要になります。寒さに耐えきれずクルマに避難したり、過酷な環境で体調を崩してしまいキャンプが嫌いになってしまう人も少なくありません。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

 日の出が遅く、日没が早い冬シーズンはテントの設営や撤収も素早く行わなければなりませんが、夏シーズンであればノンビリと行うことができます。簡単な装備で楽しむことができる夏キャンプでスキルアップを目指しましょう。

【メリット:その4】夏であれば混雑する時間を避けても遊ぶ時間が十分にある

 夏は日照時間が長いこともあり、朝の混雑する時間帯を避けて出掛けても十分に遊ぶ時間が取れるのもメリットのひとつ。渋滞にはまってしまいイライラするのなら、ゆっくりとスタートすればストレスも溜まりません。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

 遅いスタートを切る場合には、キャンプ場に予約を入れておくことは必須です。予約ができる区画サイトを選んでおくことはノンビリキャンプの鉄則。帰り道も海水浴客や行楽客が集中する時間を避け、海沿いの日帰り温泉や浜焼きのお店で海産物を楽しみ、時間差で帰るのが夏キャンの賢い方法です。夏キャンプ、海キャンプのメリットとデメリット

画像ギャラリー