完成度が妙に高いけど「ちょっと小さい」! 軽エンジン搭載の「アルファロメオ ティーポ33/TT12」製作秘話 (1/3ページ)

完成度が妙に高いけど「ちょっと小さい」! 軽エンジン搭載の「アルファロメオ ティーポ33/TT12」製作秘話

デザインから設計まで仲間と作った本格レプリカマシン

 クルマ好きだけに限らず、趣味が高じて「本物を買えないなら造ってしまえ」と考えるエンスージアストがいる。ここで紹介するK4GP参戦車両「アルファロメオ・ティーポ33/TT12レプリカ(エントリー名:マツバTT12)」を創出してしまったオーナーたちも“造ってしまった”熱き人々だ。

 軽自動車の車体やエンジンを改造したレース車両によって争われるK4GPは、気軽にエントリーできる参加型モータースポーツのひとつとして親しまれている。身近なレースだが、往年のレーシングカーと見た目がそっくりなレプリカマシンまで走っていることもあり、年々注目度が増しているといっていい。K4GPのスタートシーン なかでも、その完成度の高さから話題となったのが、今回ピックアップしたアルファロメオ・ティーポ33/TT12レプリカだ。

1975年のワールドチャンピオンに輝いたマシンを制作

 70年代にスポーツカーによる世界選手権で活躍した本物は、エンジンを新設計のチューブラーフレームにボルト留めしていた。チューブラーフレームはイタリア語で書くとTelaio Tubolareなので、その頭文字をとってTTと呼ばれていたのだ。12とは、名エンジニアのカルロ・キティが設計した水平対向エンジンの気筒数のことである。1975年のアルファロメオティーポ33/TT12が参戦するレースのワンシーン

 1973年シーズンを前にした「排気量の上限を3Lとする」というレギュレーション変更により、ライバルたちと互角に戦いつつ、総合優勝も狙えるチャンスが到来したティーポ33/TT12。アルトゥーロ・メルツァリオをはじめとするレジェンドドライバーたちが1975年シーズンに全8戦中7勝し、アルファロメオは見事ワールドチャンピオンシップのメイクスタイトルを獲得。1975年のアルファロメオティーポ33/TT12が参戦するレースのワンシーン

 モータースポーツ史にその名を遺した。本物はいまや博物館に展示されるような代物なので、個人が買うことは困難。そこでティーポ33/TT12のことをリスペクトしているアルファロメオ好きのオーナーたちが一念発起し、完成度が妙に高いレプリカを造ってしまったのだ。ムゼオ・ストリコ・アルファロメオに展示されているアルファロメオティーポ33/TT12

画像ギャラリー