クルマの「頭脳」をイジるチューニング! 「フルコン」「サブコン」のメリット&デメリット (1/2ページ)

noteで書く
クルマの「頭脳」をイジるチューニング! 「フルコン」「サブコン」のメリット&デメリット

それぞれにメリットとデメリットあり!

 チューニングを勧めていくと、よく聞く言葉に「フルコン」と「サブコン」がある。コンピュータのチューニングに関する用語だが、ふたつには大きく違いがある。それぞれの違いとメリットデメリットについて、ここで整理してみよう!

コンピュータチューニング「フルコン」と「サブコン」の違い

チューニング黎明期から使われる「サブコン」

 サブコンの歴史は古い。燃料を供給する方法がキャブレターからインジェクションになって、燃料を増量する方法としてキャブのジェット交換が行えなくなったころに苦肉の策として登場した。

 その方法は水温センサーの信号を変更するというやり方だ。冷却水が適温なのにまだ冷たいという擬信号をコンピュータに送り、冷間時に使うファーストアイドル機能を活用して燃料を増量する。これがサブコンの始まりである。なんともアバウトな方法から徐々に進化して現在に至っている。

コンピュータチューニング「フルコン」と「サブコン」の違い

 サブコンの役割は、メインコンピュータに割り込んで純正で使われているセンサーからの信号に手を入れてからコンピュータに送り込むこと。

 例えばインジェクターに対して50%噴射という信号を受けたとする。それをサブコンで60%噴射という信号に変更して、メインコンピュータに指示する。点火時期も同じように変更できる。

 変更の度合いが調整できるので、吸・排気系のグレードアップなどで効率が上がったぶんを補うには最適だ。基本的にはパワーアップに関係する領域に手を入れるだけだから、寒い朝の始動性や渋滞時などでのラフなアクセルワークといった普段使いでの気になる使い勝手はとても快適。ノーマルコンピュータのデータがそのまま使えてしまうからだ。

「サブコン」はあくまで純正コンピュータありき

 このようにサブコンは純正コンピュータありきで、空気の量を測定するエアフロメーターを始めとする各センサー類は純正品をそのまま使う。とても便利な反面、エアフロメーターで対応できる空気量を大きく超えたセッティングは行えない。だから大幅なモディファイには不向きだ。それでも燃料や点火の調整が可能なので、仕組みを理解していれば本格的なセッティングが実現できる。さらにサブコンを取り外せば、すぐにノーマル復帰できるということも見逃せないポイントだ。

コンピュータチューニング「フルコン」と「サブコン」の違い

 最近のクルマはフィードバック機能が備わっていて、それを無視すると上手くセッティングが決まらないことも覚えておいたほうがいい。

 フィードバック機能とは、O2センサーを使って排ガスの残留酸素から空燃比を導き出し、あらかじめエンジンの回転数や負荷などを鑑みて設定している空燃比との差を監視するシステムだ。もし設定値とズレが生じた場合は自動的に燃料の噴射量を変えて適正な空燃比に戻してくれる。

 つまりサブコンでパワーを上げるために燃料を増量しても、空燃比が設定値よりも濃くなればフィードバック機能が働いて燃料が減量されてしまう。クリーンな排ガスや燃費のためには画期的なシステムではあるが、チューニングのことを考えるとネックになる。フィードバック機能に注意して引っかからないレベルでセッティングしないといけない。しかし最近ではフィードバックの空燃比が変更できるタイプも登場している。

noteで書く

画像ギャラリー